ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
速報
» 2020年06月23日 06時46分 公開

WWDC 2020:WWDC 2020まとめ(OS更新+「Apple Silicon」)

Appleの年次開発者会議「WWDC 2020」の約2時間の基調講演で発表されたことを簡単にまとめた。各OSのアップデート、プライバシー関連の新機能、うわさのMacの新プロセッサ「Apple Silicon」への移行などが発表された。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Appleは6月22日(現地時間)、年次開発者会議「WWDC 2020」の同社初オンライン版を開始した。基調講演は本社キャンパス「Apple Park」のホール「Steve Jobs Theater」やフィットネスセンター、製品開発施設などで事前に録画した約2時間の動画だ。本稿では基調講演で発表された主な項目を時系列で簡単に紹介する。

 主な発表内容は、予想通りMacのArmベースへの移行と5つのOSのアップデートについてで、具体的なハードウェアの発表はなかった。

 まずは例年通り、ホールのステージに立ったティム・クックCEOのスピーチから。「今年は、世界中のすべての人に直接、まったく新しい方法でWWDCを提供する」と語った後、ジョージ・フロイド氏の死亡で再燃している人種差別運動に関連するAppleの取り組みを説明し、新型コロナウイルス感染症と闘っている医療従事者への感謝の言葉を述べた。

 tim 今年のWWDCもティム・クックCEOのスピーチで始まった

 「今日は、われわれの各プラットフォーム(iOS 14/iPadOS/watchOS/tvOSというか、「Home」/macOS)について、エキサイティングで画期的な方法で紹介する」(クック氏)

 5つのOSの紹介は、ソフトウェアエンジニアリング担当上級副社長のクレイグ・フェデリギ氏が取り仕切った。

 federigi クレイグ・フェデリギ上級副社長

 すべてのOSの開発者版が開発者向けサイトで同日公開され、一般向けβは7月に、正式版は今秋リリースの予定だ。

別記事

iOS 14

 ios iOS 14の新機能まとめ

 iOS 14の主な新機能は以下の通り。

  • ウィジェットが(Androidのように)ホーム画面に追加可能に
  • ウィジェットを追加・カスタマイズするための「widget gallery」
  • iPhone内のアプリを探しやすい「App Library」ビュー
  • 動画のピクチャーインピクチャー
  • アプリを部分的にインストールできる「App Clip」
  • Siri起動時に全画面にならず、横長窓のオーバーレイ表示に
  • 通話とFaceTimeの着信も全画面にならず、横長窓のオーバーレイ表示に
  • 翻訳機能の追加(日本語、英語、標準中国語、仏語、独語、スペイン語、伊語、韓国語、アラビア語、ポルトガル語、露語)
  • 「メッセージ」で重要な相手を上部に固定
  • 「マップ」の自転車サポート(まずは米中の一部都市)、EV向け推奨ルート機能
  • NFCによる車のキー機能(まずはBMW 5シリーズ)

別記事

iPadOS 14

 ipados iPadOSの新機能まとめ(iOS 14と重複するものもある)
  • iOSと同様のホーム画面のウィジェット
  • iOSと同様のSiriや着信の小窓オーバーレイ表示
  • iOSと同様のメッセージの新機能
  • 「写真」や「ミュージック」での「サイドバー」の追加
  • Apple Pencilで手書きをテキストに変換(Scribble採用)
  • 検索機能の改善

AirPodsの新機能

 iPadOSの後に、「AirPods」の新機能が発表された。Bluetooth接続するデバイスの自動切り替え機能と、「Spatial Audio」機能だ。

 自動切り替えは、例えばiPhoneで音楽を聴いているときにMacBookで動画再生を開始すると、接続先が自動的にMacBookに切り替わる。この機能は、AirPods Pro、第2世代AirPods、Powerbeats、Powerbeats Pro、Beats Solo Proのファームウェアアップデートで提供する。

 Spatial(空間) Audioは、3Dサラウンドのようなもので、AirPods Proでのみ提供する。

 airpods Spatial Audioの説明画像

 リリース時期は発表しなかった。

別記事

watchOS 7

 watchos watchOS 7の新機能まとめ

 watchOS 7の紹介は、テクノロジー担当副社長のケヴィン・リンチ氏がフィットネスセンターで行った。

 kevin ケヴィン・リンチ副社長
  • 「Sleep」(睡眠)追跡機能の追加
  • iPhoneと連携するDigital Welbeing機能「Wind Down」モード
  • 「アクティビティ」の名称が「フィットネス」になり、サイクリングとダンスをサポート
  • 「Complications」によるウォッチフェイスの細かいカスタマイズ。ウォッチフェイスの共有
  • 手洗いサポート(手を洗う動作と流水の音でユーザーが手を洗い始めたことを感知し、適切な清浄時間を音と触覚通知で知らせる)

 アップデートはシリーズ3以降向け。シリーズ1と2のサポートは打ち切りだ。

プライバシーについて

 OSを横断する複数のプライバシー関連機能が紹介された。

  • アプリが収集する個人データの種類を視覚的に通知するプロンプト
  • クロスアプリトラッキングするアプリの通知義務
  • アプリがカメラとマイクにアクセスするとステータスバーにインジケータを表示する機能
  • 「Safari」のツールバーに「プライバシー」ボタンの追加
 privacy アプリが集めるデータを明示

tvOS 14とHomeKit

 home HomeKitの新機能まとめ
  • tvOS 14の新しいコントロールセンター
  • コントロールセンターからのHomeKitアクセサリのコントロール
  • AirPodsとのオーディオ共有の改善
  • HomeKitのホームカメラの顔認識
  • スマートライトの色温度オプションサポート

macOS Big Sur

 次期MacのOSの名称は「macOS 11.0 Big Sur」になる。Big Surはカリフォルニア州のサンタルチア山脈の地名。この後発表されたAppleカスタムシリコンプロセッサ「Apple Silicon」採用のMacに最適化されている。

 macos macOSの新機能まとめ

 新機能解説は別記事を参照されたい。

 サポートするハードウェアは以下の通り。

  • 2015年以降のMacBook
  • 2013年以降のMacBook Air
  • 2013年以降のMacBook Pro
  • 2014年以降のMac mini
  • 2014年以降のiMac
  • 2017年以降のiMac Pro
  • 2013年以降のMac Pro

「Apple Silicon」への移行の発表

 クック氏が「Macのための大きな躍進」と語る独自プロセッサ「Apple Silicon」の採用は、ハードウェアテクノロジー担当上級副社長のジョニー・スルージ氏が、ハードウェア開発施設から行った。

 srouji ジョニー・スルージ上級副社長

 搭載モデルは2020年末から出荷を開始し、向こう2年かけて移行していく見込み。

 詳細は別記事を参照のこと。

 基調講演は既に録画が公開されている。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.