ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
速報
» 2020年07月02日 13時30分 公開

Zoom、「90日の問題修正期間」終了 透明性レポートは「今年の後半」

Zoomが4月に宣言した90日間の問題修正期間が6月30日で終わった。それまでに公開する予定だった透明性レポートは「今年後半」に公開するとしている。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 Web会議サービス「Zoom」を運営する米Zoom Video Communications(以下、Zoom)の創業者でCEOのエリック・ユアン氏は7月1日(現地時間)、4月に発表した90日間の問題修正専念期間を終え、その成果を公式ブログで報告した。

 zoom

 ユアン氏は4月、新型コロナウイルス感染症対策でZoomの需要が急激に拡大したことに伴い、セキュリティやプライバシーの問題も浮上して批判されたことを受けて謝罪し、90日間は新機能を追加せずに以下の目標達成に努めると語った。

  • 社外の専門家やユーザーと共同でのサービス全体のレビュー
  • 透明性レポートの準備
  • 現行のバグ発見報償機プログラムの強化
  • 業界全体のCISO(情報セキュリティ管理最高責任者)評議会の立ち上げ
  • 侵入テスト実施による問題の特定と対処
  • これらの取り組みの進捗を報告するウェビナーの毎週開催

 今回の公式ブログでは、それぞれの目標の進捗状況について説明した。この中の、透明性レポートの公開については、「今年後半に、第2四半期(4〜6月期)の透明性レポートを提供する」と語った。

 同社は6月11日、天安門事件に関連する複数のWeb会議を閉鎖して批判された際、6月30日までに透明性レポートを公開するとしていたが、間に合わなかったようだ。

 ユアン氏は「この90日間は(実りあるものではあったが)最初の一歩に過ぎない」としている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.