ITmedia NEWS > 速報 >
速報
» 2020年07月20日 06時54分 公開

「Crew Dragon」のISSから地球への帰還、8月2日に

NASAが、5月末にISSへのドッキングに成功したSpaceXの有人宇宙船Crew Dragonを、8月2日に地球に帰還させる計画を発表した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米航空宇宙局(NASA)は7月17日(現地時間)、5月末に国際宇宙ステーション(ISS)とドッキングした米SpaceXの有人宇宙船「Crew Dragon」を、8月1日にISSから離脱させる計画を発表した。計画通りにいけば、地球への帰還は2日になる。


 Crew Dragonによる初の有人飛行士輸送になる今回のミッションは、野口聡一氏も参加するミッション「Commercial Crew Program」のための最終テスト「Demo-2」として実施された。無事帰還すれば、この初飛行の安全性データ評価の後、“本番”が実施される見込みだ。

 Demo-2でISSに行ったNASAの宇宙飛行士、ボブ・ベンケン氏とダグ・ハーレー氏は約2カ月間、船外活動など様々なミッションをこなした。

 nasa ISSのバッテリーを交換中のボブ・ベンケン宇宙飛行士(画像:NASA)

 SpaceXはこれまで、宇宙船のパラシュートによるランディングのテストを100回以上行っているとしている。

 nasa 2 4つのパラシュートで減速する

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.