ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
» 2020年08月18日 18時15分 公開

池袋・高田馬場駅にスマートコインロッカー スマホでの予約、鍵の共有、キャッシュレス決済に対応

西武鉄道が池袋駅と高田馬場駅にスマートコインロッカー「SPACER」を導入した。スマホと専用アプリで、ロッカーの検索や予約、荷物の受け渡し、利用料のキャッシュレス決済などができる。

[谷井将人,ITmedia]

 西武鉄道は8月18日、池袋駅と高田馬場駅にスマートコインロッカー「SPACER」を導入した。スマートフォンと専用アプリなどを使って、ロッカーの検索や予約、荷物の受け渡し、利用料のキャッシュレス決済などができる。

photo

 設置箇所は池袋線の池袋駅1番ホームと新宿線の高田馬場駅ビッグボックス口改札内。利用には専用アプリ(iOS)かWebブラウザ(Android)が必要。料金は小さいロッカーが3時間につき300円、大きいロッカーが3時間につき600円。クレジットカードや携帯キャリア決済などでの決済に対応する。

 スマホをロッカーに近づけ「今すぐ利用する」「ロッカーを開ける」といったボタンをタップするとロッカーが開く。空いているロッカーの検索機能や最大48時間ロッカーを確保できる予約機能も利用できる。予約料は100円。

 「鍵の共有」機能は、荷物をロッカーに預けた後、SNSで知人などに共有用URLを送ると、URLを受け取った知人もロッカーを開けられるようになる仕組み。

photo

 西武鉄道は今後、SPACERの設置台数を増やすとともに、SPACERを活用したサービス展開も検討している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.