ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2020年08月21日 18時36分 公開

日本MSから独立した“元女子高生AI”「りんな」、新会社rinnaで事業スタート

日本マイクロソフトのチャットbot事業を分社化した新会社・rinnaが業務をスタート。“元女子高生AI”をうたうチャットbot「りんな」などの事業を引き継ぎ、日本で要望が多かったカスタマイズのサービスなどを提供する。

[ITmedia]

 日本マイクロソフトのチャットbot事業を分社化した新会社・rinna(東京都渋谷区)は8月21日、“元女子高生AI”をうたうチャットbot「りんな」などの事業を引き継ぎ、業務を開始したと発表した。今後もチャットbotの研究開発を進め、日本で要望の多かったカスタマイズのサービスなどを提供する。

photo rinnaの公式サイトより

 同社はチャットbotの研究開発に加え、りんなの活用を希望するゲーム、自動車、介護業界などの企業を開拓。りんななどのAIキャラクタービジネスを本格化するという。

photo りんなのイメージ

 日本マイクロソフトは2015年8月、チャットbot全般のブランドとしてりんなをリリース。ユーザーがりんなに話しかけると、女子高生のような答えを返すLINEやTwitterの公式アカウントなどを開設した。2018年にはりんなを活用したマーケティング支援サービス「Rinna Character Platform」の提供を開始。りんなの登録ユーザー数は約830万人に上る(2020年8月時点)。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.