ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2020年11月11日 12時20分 公開

クレカ不正利用をAIで検知、ソフトバンク子会社が開発 不審な場合は取引停止

SBペイメントサービスが、AIを活用してクレジットカードの不正利用を検知するサービスを開発し、EC事業者などを対象に提供を始めた。

[谷井将人,ITmedia]

 ソフトバンク傘下の決済代行業者SBペイメントサービスは11月11日、AIを活用してクレジットカードの不正利用を検知するサービス「AI不正検知」を開発したと発表した。EC事業者などを対象に、同日に提供を始めている。

photo

 年間で数億件行われる決済のデータから機械学習で不正利用のパターンを学習したAIが、決済時に不正利用のリスクをリアルタイムに数値化する。数値が高い場合には取引の抑止や認証の追加などができる。

 年間で数億件行われる決済のデータをもとに、機械学習で不正利用のパターンを学習させたAIを使用。顧客が決済する際に、不正利用のリスクをリアルタイムに数値化する。数値が高い場合はシステムが自動的に取引の抑止や認証の追加などを行う。

photo

 日本クレジット協会の調査によると、クレジットカードの不正利用による被害額は2019年の時点で年間273億円に上るという。新型コロナウイルス感染拡大の影響でECサイトの利用が増えていることもサービス提供の背景という。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.