ITmedia NEWS > 製品動向 >
速報
» 2020年12月02日 13時13分 公開

AWS re:Invent 2020:AWS、普通のネットワークカメラにコンピュータビジョンを追加できる「Panorama」システム

AWSは、普通のネットワークカメラをコンピュータビジョン対応のスマート監視カメラにグレードアップできるアプライアンス「AWS Panorama」を発表した。製造ラインの検査や小売店での顧客の流れ分析などが可能になる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Amazon.com傘下のAWSは12月1日(現地時間)、オンラインで開催中の年次イベント「AWS re:Invent 2020」で、一般的なネットワークカメラをコンピュータビジョン(CV)対応のスマート監視カメラにグレードアップできるシステム「AWS Panorama」を発表した。間もなくプレビューを開始する。プレビュー申し込みページは日本からのエントリーも可能になっている。

 例えば製造ラインの部品の検査や現場作業で作業員がヘルメットを着用しているかどうかの確認、小売店での顧客の動きの分析などが、このシステムを追加することで可能になるとしている。

 panorama 1 Panorama活用事例

 既存のカメラを変更せずに、ネットワークにPanorama Applianceを追加することで、複数のカメラからの動画フィードを並行して分析し、数ミリ秒以内に予測を生成する。Applianceは防塵・耐水性があるので、過酷な環境への設置も可能という。

 セットアップは、アプライアンスをネットワークに接続し、PanoramaのサービスにAWSのアカウントでログインし、アプライアンスを検出するだけ。

 panorama 2 セットアップ

 AWSは、ネットワークカメラメーカーがPanorama対応端末を開発するために使える「Panorama SDK」も提供する予定。

 AWSは2017年のre:Inventではディープラーニングアプリ開発に使えるカメラ「AWS DeepLens」を発表している。

 親会社のAmazonは6月、新型コロナウイルス対策の自社物流倉庫の環境改善の一環として、従業員が安全な距離を保っているかを監視するAIカメラ採用の「Distance Assistant」の導入を発表した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.