ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2020年12月04日 12時21分 公開

「本当は100体セット作りたかった」 「ドラパルト」ぬいぐるみに「ドラメシヤ50体増量セット」の衝撃

タカラトミーモールはポケモン「ドラパルト」のぬいぐるみと進化前の「ドラメシヤ」をセットにした「ドでか!ドラパルト」を発売する。「ドラメシヤが足りない人」のために10体、50体の「増量セット」も用意した。

[芹澤隆徳,ITmedia]

 タカラトミーモールは12月4日、「ポケットモンスター ソード・シールド」(Nintendo Switch)に登場する「ドラパルト」の大きなぬいぐるみと進化前の「ドラメシヤ」をセットにした「ポケモンぬいぐるみ ドでか!ドラパルト」の予約受付を開始した。「ドラメシヤが足りない」という人のために10体、50体の“増量セット”も用意する。

「ポケモンぬいぐるみ ドでか!ドラパルト」。頭の角のような部分に入っているのが「ドラメシヤ」
ドラメシヤ50体増量セット

 高さ62cmの大きなドラパルトと、手のひらサイズのドラメシヤ2体のセットで価格は9900円(税込)。10体増量セットはドラパルト1体とドラメシヤ12体で1万2650円、50体増量セットはドラメシヤが計52体になって2万3650円。ドラメシヤの単体販売はない。

 タカラトミーモールは今年8月、ミニカー「トミカ」の誕生50周年記念商品として「交通機動隊50台セット」など3種類の50台セットを発売して話題になった。当初は「誰が買うのか」と心配する声も上がったが、その後に出たセットを含めすべて完売。今や“50台セット”はタカラトミーモールの名物のようになっている。

 しかしドラパルトを担当した岩崎充さん(タカラトミー、ポケモン企画部)は、トミカの前例はとくに意識しなかったという。「ドラゴンアローという技を複数のドラメシヤで表現したいと思いました。本当は100体にしたかった」。

 ゲームのドラパルトは、頭にある角のような部分にドラメシヤを入れて生活している。しかしバトルになると、“マッハのスピード”でドラメシヤを飛ばして攻撃する(ドラゴンアロー)。ぬいぐるみでは、ドラパルドの頭にドラメシヤを取り付けられる。

バトルになると“マッハのスピード”で飛ばされるドラメシヤ

 しかし商品価格から計算するとドラメシヤの単価は約250円となり、100体プラスすると3万4000円。「さすがにNintendo Switchより高いと売れないと思い、10体と50体にしました」(岩崎さん)。それでも同社のぬいぐるみとしては異例の大所帯だ。

 「たくさんドラメシヤがいると単純に面白いですよ。それに、もし売れたりすれば話題作りになるかもしれません」

 心配は無用だった。増量セットのインパクトが強すぎたのか、12月3日に一部事前情報がネットに流れると、発表前にもかかわらず「ドラメシヤ50体増量セット」はTwitterのトレンド入り。「狂気のプラン」「気になりすぎる」とさっそく話題になっている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.