ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2020年12月14日 11時38分 公開

Netflix、日本の2020年人気作品トップ10を公開 1位は?

Netflix日本法人が、2020年に配信し最も多くTOP10入りした作品を発表。1位は韓国ドラマ「愛の不時着」だった。

[ITmedia]

 Netflix日本法人は12月14日、人気の10作品を日ごとにランキング化する「今日のTOP 10リスト」から、2020年に配信し最も多くTOP10入りした作品を発表した。1位は「愛の不時着」、2位は「梨泰院クラス」と韓国ドラマが続き、3位はSNSなどの誹謗中傷が原因で出演者の木村花さんが亡くなった「テラスハウス: Tokyo 2019-2020」だった。アニメ「鬼滅の刃」は19年に配信開始のため、ランキングの対象外。

photo 2020年に日本で話題になった作品TOP10

 年間TOP10のうち、韓国ドラマが5作品ランクイン。同社によると19年と比べ、日本のNetflix上で韓国ドラマの視聴数は6倍以上に成長し、韓流ファンの裾野がさらに広がったとしている。

 韓国ドラマが人気な一方、漫画原作の「ハイキュー!!」(4位)や「炎炎ノ消防隊」(5位)といった日本のアニメ作品も上位にランクインした。

 20年末の活動休止を発表し、話題を集めたアイドルグループ・嵐のドキュメンタリー「ARASHI's Diary -Voyage-」は7位だった。

 ランキングは年間TOP10の他、配信直後から視聴数に伸びがあったアニメ作品TOP10も発表。1位は1973年に小松左京氏による小説が刊行以来、映画やドラマ化されてきた作品「日本沈没2020」。2位は「週刊少年ジャンプ」に連載中で、10月からNetflix配信中の「呪術廻戦」だった。

photo 配信直後から視聴数が伸びたアニメ作品

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.