ITmedia NEWS > STUDIO >
速報
» 2021年01月07日 12時06分 公開

Twitter、ドナルド・トランプ大統領のアカウントをついにロック Facebookも

TwitterとFacebookはそれぞれ、ドナルド・トランプ米大統領のアカウントをロックしたと発表した。同氏支持者が連邦議会議事堂に侵入した問題で、同氏がこの問題を否定せず「選挙は盗まれた」と主張し続けたことがそれぞれのポリシーに違反したため。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Twitterは1月6日(現地時間)、ドナルド・トランプ大統領の公式個人アカウントをロックしたと発表した。トランプ氏が、連邦議会議事堂に同氏の支持者が侵入した問題に関するツイートを削除するまでロックは続けるとしている。


 この問題は、議会が米大統領選の結果を承認する会議を開いた際、トランプ氏がホワイトハウスの近くで開催した集会に集まった支持者が議事堂に侵入し、会議を中断させたもの。警官の発砲で支持者が1人死亡した。

 Twitterが非表示にし、トランプ氏に削除を求めているツイートは、支持者に対し、選挙が盗まれたものであることは確かだが、落ち着いて家に帰るよう呼び掛けた動画などだ(同じ動画が本稿執筆現在、Instagramにはまだある)。

 trump account トランプ氏のTwitterアカウント

 Twitterは連投ツイートで、トランプ氏がTwitterルールに違反したと語った。「市民活動の阻害に関するポリシーの重大な違反を繰り返したため、トランプ氏の3件のツイートを削除する必要がある。これは、トランプ氏のアカウントがツイートの削除後12時間ロックされることを意味する。トランプ氏がツイートを削除しない場合、アカウントはロックされたままになる。今後違反が繰り返されれば、恒久的な停止につながる可能性もある」としている。

 米Facebookも同日、トランプ氏が自分のFacebookページに投稿することを24時間ブロックしたとツイートで発表した。


 Facebookは公式ブログで、議事堂侵入に関連するコンテンツを多数削除したと説明した。

【UPDATE】トランプ氏が問題とされていた3件のツイートを削除したらしく、トランプ氏のTwitterアカウントが復活し、トランプ氏は日本時間の8日午前9時過ぎに新たな動画を投稿した。同氏は「私は暴動から議事堂を守るためにすぐに指示した」とし、「暴力は米国の民主主義に反する」と初めて6日の暴動を起こした支持者を非難した。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.