ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
速報
» 2021年01月18日 11時06分 公開

GitHub、「ナチス」発言の従業員解雇を撤回、謝罪

僚に呼び掛けたことを理由に解雇されたが、約200人の従業員が懸念を表明したことを受け、COOが解雇は誤りだったと謝罪した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoft傘下のGitHubは1月17日(現地時間)、8日に解雇した従業員について公式ブログで、解雇は誤りだったと謝罪し、解雇した人事責任者の辞任と、元従業員の復帰を求めて交渉中であることを発表した。

 github

 この問題を最初に報じた米Business Insiderによると、この従業員は1月6日の米議会議事堂襲撃の後、ワシントンの同僚に対し「ナチス」を安全に回避するよう呼び掛けたという。「ナチス」という言葉を使ったことが同僚からの批判を呼び、人事チームがこのユダヤ系の従業員を解雇した。

 この解雇に対し、GitHubの約200人の従業員が解雇理由を明確にするよう求める公開書簡を提出していた。

 GitHubは「われわれは従業員の懸念を真剣に受け止めた。11日に外部に調査を依頼し、15日に調査結果、解雇の判断と手順に重大な誤りがあったことが明らかになった」と公式ブログで説明した。

 エリカ・ブレシアCOO(最高執行責任者)は、自身とナット・フリードマンCEOが従業員への書簡で共有した情報の一部を流用し、GitHubは「いかなる差別、嫌がらせ、報復も容認しない」ことや「従業員は内部の会話で、ナチス、反ユダヤ主義、白人至上主義、またはその他の差別や嫌がらせについて懸念を表明できる」ことを説明した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.