ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2021年02月17日 17時16分 公開

停電を予測、電気を作る「エネファーム」 LPWAに対応、最大500Wの電気を8日間供給

パナソニックが、家庭用燃料電池「エネファーム」の新モデルを4月1日に発売する。新たにLPWA通信ユニットを採用。台風による停電情報を受信し、自動で非常運転に移行する機能を搭載する。

[吉川大貴,ITmedia]

 パナソニックは2月17日、家庭用燃料電池「エネファーム」の新モデルを4月1日に発売すると発表した。新たにLPWA(Low Power Wide Area)通信ユニットを採用。ウェザーニューズが提供する台風による停電情報を受信し、自動で非常運転に移行する機能を搭載する。

 停電の可能性があると発電を始め、実際に停電した場合には非常運転に移行。最大500Wの電気を最長8日間供給できる。エネファームは非常運転への移行(再起動)に外部電力を要するため、従来のモデルでは停電時に使えなくなる問題があった。

photo 停電時のイメージ

 停電の予測にはウェザーニューズの「停電リスク予測API」を利用。5kmメッシュのエリアごとに停電発生リスクを予測し、リスクが高い地域にあるエネファームにはパナソニックのクラウドサーバ経由で運転の切り替えを指示する。

 稼働状況をパナソニックのクラウドサーバ上にリアルタイムで送信する機能も搭載。実機が確認できない状況でも保守点検を行いやすくする。送信するのはエラーの内容や発電量など。

 点検時にソフトウェアのアップデートや、出力の操作を遠隔で行える機能も搭載する。利用者には発電量を閲覧できるスマートフォンアプリも提供する。

 パナソニックは2009年に発売した初期型からの買い替えや新規の購入を見込み、1世代前のモデルとの合計で約2万台の販売を目指すとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.