ITmedia NEWS > STUDIO >
速報
» 2021年03月04日 08時27分 公開

Google、サードパーティーCookie完全廃止に向けてFLoCのテスト開始

Googleが来年予定しているChromeでのサードパーティーcookie完全廃止に向けて、これに代わるプライバシー重視の代替技術「FLoC」のテスト開始を発表した。“他のプロバイダーのように”サードパーティーCookieの代わりにユーザーを一意に識別するような識別子を使うことはしないと強調した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは3月3日(現地時間)、Webブラウザ「Chrome」でのサードパーティーCookieのサポート完全廃止に向けた計画を説明した。3月中にサードパーティーCookieに代わるよりプライバシーを守れる代替技術の広告主向けテストを開始し、4月にはChromeブラウザで最初の機能の提供を開始する計画。

 Webを無料で使えるのは、Googleを含む多数の企業が広告収入で成り立っているため。サードパーティーcookieは、より効率的にターゲティング広告を表示するために開発された。その結果、個人データが何千もの企業で共有されることになり、これがWebへの信頼の低下につながったとGoogleは説明する。昨年1月に発表したサードパーティーCookieの廃止は、消費者の信頼を取り戻し、無料でオープンなWebの将来を守るためという。

 “他のプロバイダーのように”サードパーティーCookieの代わりにユーザーを一意に識別するような識別子を使うことはしないとGoogleは強調する。Googleが採用するのは、プライバシーサンドボックスをベースとするFLoC(Federated Learning of Cohorts、群れの連合学習)と呼ぶAPI。FLoCは、大まかに言うと、同じ関心を持つ匿名ユーザーの集合体という意味で、名称のFLoCもflock(群れ)を意図しているようだ。このAPIにより、個々のユーザーを追跡せずに広告主とパブリッシャーに成果を提供することが可能という。

 floc FLoCの概念説明(FLoCのホワイトペーパーより)

 「誰もがインターネットにアクセスできるようにするには、プライバシーを保護するためにさらに多くのことをする必要がある。つまり、サードパーティーCookieだけでなく、ユーザーを追跡するための他の技術も終了する。(中略)今後、業界全体と協力していくことを楽しみにしている」とGoogleは語った。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.