ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2021年04月12日 13時34分 公開

Voicy、「Voice Contents Studio」を設立 法人向けに音声コンテンツの企画から配信までトータルプロデュース

Voicyが「Voice Contents Studio」を設立。法人が配信する音声コンテンツの企画や制作、配信までをトータルでプロデュースする。

[ITmedia]

 Voicyは4月12日、法人が配信する音声コンテンツをトータルプロデュースする組織「Voice Contents Studio」を設立した。企画や制作、配信までをトータルでサポートする。

photo 「Voice Contents Studio」

 プロデュースにはTBSや文化放送、朝日放送(ABC)、中京テレビの4社もパートナーとして参加する。音声コンテンツはVoicyの他、SpotifyやPodcast、Google Assistantなどで配信する。

【変更履歴:2021年4月12日午後6時50分 Voicyの発表内容の変更に基づき、記述を変更しました】

photo
photo 配信先

 Voicyが運営する音声プラットフォーム「Voicy」ではこれまでに米The New York Times、毎日新聞社、グロービス経営大学院などの音声放送を手掛けた実績がある。こうした実績を踏まえ、Voice Contents Studioでは企業が配信したい音声コンテンツのプロデュースに加え、聴取データを基にした改善策も提案する。

photo プロデュースの流れ

 Voicyは「本当の意味で音声の時代がくるためには、圧倒的に良いコンテンツをつくることが不可欠」と指摘。「音声の魅力に加え、データやVUX(ボイスユーザーエクスペリエンス)、テクノロジーといった次世代のスパイスを混ぜ合わせ、音声の世界をアップデートしていくことを目指す」としている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.