ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2021年05月18日 11時53分 公開

Microsoft Teamsの個人向け無償提供がスタート 最大300人で最長24時間まで無料に

マイクロソフトが、Microsoft Teamsの個人向け無償提供を正式に発表。当面は新型コロナウイルス感染症の状況を考慮し、最大300人で最長24時間まで無料にする。

[新野淳一,ITmedia]

この記事は新野淳一氏のブログ「Publickey」に掲載された「Microsoft Teamsの個人向け無償提供が正式にスタート。友人や家族とのチャット、ToDoリストの共有、当面は300人24時間まで無料のビデオ会議など提供」(2021年5月18日掲載)を、ITmedia NEWS編集部で一部編集し、転載したものです。

 マイクロソフトは、Microsoft Teamsの個人向け無償提供を正式に発表しました。

 PC、Mac、iOSデバイス、Androidデバイス、Webブラウザなどから利用可能です。

 Microsoft Teamsはその名前の通り、チーム間での情報共有ツールとしてビジネス向けに提供されてきました。

 今回無償提供が発表されたのは、これを家族や友人として使うための機能として利用可能にしたもの。すでに日本語のWebサイトも公開されています。

photo

 個人向けのMicrosoft Teamsでは、家族や友人間でのチャットなどが可能。

photo

 ToDoリストの共有やアンケート機能なども利用できます。

photo
photo

 ビデオ会議ももちろん可能。相手がMicrosoft Teamsユーザーでなくてもビデオ会議ができると説明されています。

 「Together mode」を利用すると、まるで家族が同じ部屋にいるように表示されます。

photo

 ビデオ会議は、1対1であれば24時間まで無料。3人以上のグループ会議は最大100人で最長60分まで無料ですが、当面は新型コロナウイルス感染症の状況を考慮し、最大300人で最長24時間まで無料にするとのことです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.