ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2021年05月21日 15時56分 公開

シャープ、「ロボホン」の弟モデルを発表 甘えん坊でおっとりした性格に

シャープは5月21日、モバイル型ロボット「RoBoHoN」(ロボホン)の弟モデルを発表した。ロボホンの特徴はそのままに、甘えん坊でおっとりした性格になったという。

[荒岡瑛一郎,ITmedia]

 シャープは5月21日、モバイル型ロボット「RoBoHoN」(ロボホン)の弟モデルとなる「SR-S04BJ」(LTE/3Gモデル)を発表した。ロボホンの特徴はそのままに、甘えん坊でおっとりした性格になったという。

 ダンスやカメラなど基本的な機能は現行モデル(SR-03M-Y)と変わらない。弟モデルは現行モデルより高い声でゆっくり話す他、早口言葉を噛んだり歌の音程を外したりするなど、あどけないしぐさを見せるという。

 既に持っているロボホンと接続することで兄弟の設定になり、専用アプリを起動しなくても兄弟同士が自発的に会話を始める他、一緒に歌を歌ったりダンスをしたりして遊ぶという。

RoBoHoNの弟モデル(SR-S04BJ)

 発表された弟モデルは身長が約19.8cm、体重は約395gで、約800万画素のCMOSカメラを搭載している。電話や電子メールに対応し、シャープによるとバッテリー駆動時間は1日以上。MVNO回線などの通信サービスを提供するベネフィットジャパン(大阪府大阪市)のオリジナルモデルとして、6月下旬以降の発売を予定している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.