ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2021年09月15日 10時57分 公開

「iPhone 13/mini/Pro/Pro Max」は何が変わった? iPhone 12シリーズとの比較まとめ(3/3 ページ)

[山川晶之ITmedia]
前のページへ 1|2|3       

まとめ 全体的に動画撮影強化 意外性は少ない

 iPhone 13シリーズも、iPhone 12シリーズで移行したスタンダードモデル2機種とプロ向けモデル2機種の合計4機種体制を踏襲した。基本的にはiPhone 13/miniで大半のニーズをカバーし、より写真撮影や動画撮影を好むユーザーにiPhone 13 Pro/Pro Maxを提供する。

 しかし、今回のアップデートは全体的に動画撮影機能の強化が中心となっており、センサーシフト式手ブレ補正、動画のピント送りやボケ味を追加するシネマティックモードはiPhone 13/miniにも搭載されている。動画撮影機能に関心がありつつもコストを抑えたいユーザーに向けたモデルといえそうだ。

 ただし、本体デザインやFace ID、Lightning端子を引き続き採用するなど、動画以外のアップデート要素が少ないのも事実だ。おそらく、2世代以上前のモデルやAndroidスマートフォンからの乗り換えニーズが中心となるだろう。

 一方で、13 Pro/Pro Maxは、マクロレンズの採用、ProRes記録、シネマティックモード、大型センサー、センサーシフト式手ブレ補正、3倍に伸びた光学ズームなど、iPhoneを動画機材として使うユーザーからすると魅力的なアップデートが多い。スペック差があった12 Pro/Pro Maxと異なり、13 Proでも13 Pro Maxと同じ性能のため、大画面が必要なケース以外は、サイズ・コスト面で有利な13 Proを選択できる。

「iPhone 13 Pro」「iPhone 13 Pro Max」のメイン機能

 意外性のあるアップデートは少なかったものの、「コンパクトでハイスペックのスマートフォンが欲しい」ユーザー向けにはiPhone 13 mini。「写真と動画がきれいに撮影できる大画面のスマートフォン」ならiPhone 13。「ProResでの撮影や望遠ズームなど、高いカメラスペックが必要」であればiPhone 13 Pro。より大画面が必要ならiPhone 13 Pro Maxというすみ分けになるだろう。

iPhoneの現行モデル一覧。「iPhone XR」が姿を消した
前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.