ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2021年09月22日 08時00分 公開

家電の使用回数をネット経由で把握、交換部品もお届け パナがIoT家電特化のメンテサービス

パナソニックが、IoT家電の使用状況に応じてメンテナンス時期を通知するサービスを始めると発表した。交換部品を2回届けるプランと、最大5年間の修理保証を付けたプランを用意した。まずは、エアコンと洗濯機で始める。

[荒岡瑛一郎,ITmedia]

 パナソニックは9月21日、IoT家電の使用状況に応じてメンテナンス時期を通知するサービス「Panasonic Care」を10月1日に始めると発表した。交換部品を2回届ける「お知らせメンテナンスプラン」に加え、1年間のメーカー保証後も最大5年間の修理を保証する「保証対応付メンテナンスプラン」を用意。料金は対象製品ごとに異なる。まずは2021年秋発売のエアコンと洗濯機から始め、対象製品を順次拡大する予定。

photo

 申し込みは製品購入後、同社公式ECサイト「Panasonic Store Plus」で受け付ける。通知を受けるには会員サイト「CLUB Panasonic」への会員登録と、製品をインターネットに接続する必要がある。メンテナンス時期の通知は登録したメールアドレスに送信する。

 対象のエアコンは21年発売の「LX」「X」シリーズ。運転時間が4000時間と8000時間に達したタイミングで交換用のフィルターを届けるお知らせメンテナンスプランは7000円。保証対応付メンテナンスプランは1万円で、保証期間は商品購入後5年間か、運転時間1万時間のどちらかが先に達するまでとなる。

 21年発売の洗濯機「NA-LX129A」「NA-LX127A」も対象で、洗濯回数1200回と2400回になった時点で洗濯槽クリーナーを届ける。お知らせメンテナンスプランは6000円。保証対応付メンテナンスプランは1万5000円で、こちらも保証期間は商品購入後5年間か洗濯回数3000回のどちらか先に到達するまで。

photo 対象製品とプラン内容

 エアコンと洗濯機を対象にした理由について同社は「生活する上で壊れたら困る家電から始めた。故障の目安となる運転時間や洗濯回数で(メンテナンス)対応することで、より長く使える」と説明した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.