ITmedia NEWS > 科学・テクノロジー >
ニュース
» 2021年11月19日 18時30分 公開

JAXA、13年ぶりの宇宙飛行士の募集を12月から開始 月面での活躍も想定

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、新たな宇宙飛行士の候補者を募集に向けて、募集要項などを発表。採用人数は若干名で、応募資格は3年以上の実務経験と、視力などの条件を定めており、学歴や専門分野は問わない。

[松浦立樹,ITmedia]

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は11月19日、新たな宇宙飛行士の候補者を募集に向けて、募集要項などを発表した。採用人数は若干名で、応募資格は3年以上の実務経験と、視力などの条件を定めており、学歴や専門分野は問わない。月面での活躍も想定しているという。

 募集期間は2021年12月20日から22年3月4日まで。選抜方法は、書類選考に加え、英語や面接など3次選抜まで行う。結果は2023年2月ごろに発表予定。選抜後は、JAXAの職員として採用する。

選抜方法の詳細

 職務は、航空機操縦訓練やジェット機による無重力体感訓練、サバイバル訓練などの訓練業務と、宇宙船への搭乗、宇宙空間での医学実験や研究、ライフサイエンス研究などの業務など。給与は30歳で約32万円、35歳で約36万円と例示している。完全週休2日制で、フレックスタイムやテレワークの制度も導入しているという。

 米国宇宙航空局(NASA)は月探査の国際プロジェクト「アルテミス計画」を25年以降に実施する予定で、日本も19年10月に計画への参加を表明。この計画への参加を念頭に、JAXAでも月面でも活躍を想定した、新たな日本人宇宙飛行士の募集を文部科学省は2020年10月に発表。すぐに応募はできない人もいるとして、募集開始は発表から1年後としていた。

 JAXAは「未来を創造する宇宙飛行士の重要な役割を通じて、人類・社会への貢献を志す多様な方々の応募を待っている」と話している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.