ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2023年04月19日 18時18分 公開

東京海上日動火災が保険業界に特化した対話型AI開発 AIチャットbotのPKSHAと共同で

東京海上日動火災保険は、AIチャットbotなどを提供するPKSHA Technology、日本マイクロソフトと共同で、保険業界に特化した対話型AIの開発に着手したと発表した。

[斎藤健二ITmedia]

 東京海上日動火災保険は4月19日、AIチャットbotなどを提供するPKSHA Technology、日本マイクロソフトと共同で、保険業界に特化した対話型AIの開発に着手したと発表した。6月から実証実験を行う。

 「人の力とデジタルのベストミックス」を推進するという。

 まず、代理店からの問い合わせに対応する照会応答業務に活用するAIのプロトタイプを開発する。保険の種類や補償内容の詳細といった問い合わせに対し、AIがデータベースなどを参照して回答を生成する。一次対応の自動化率を高めることで、工数の削減と対応の迅速化を目指す。

 文章の厳密性や利用コストといった大規模言語モデル(LLM)の課題を踏まえ、利用範囲の拡大に向けて研究を行う。

 取り組みには、マイクロソフトが提供する「Azure OpenAI Service」および、PKSHAが開発した「PKSHA LLMS」を利用する。PKSHA LLMSは、各社のLLMを統合的にカスタマイズできる仕組み。PKSHAのアルゴリズムとLLMを組み合わせたり、独自のプロンプト・エンジニアリングを利用できたりする。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.