ITmedia NEWS > STUDIO >
速報
» 2023年04月26日 06時02分 公開

ChatGPTに“シークレットモード”機能追加 企業向けプランも計画中

OpenAIがChatGPTにチャット履歴を保存しない機能を追加し、設定画面で簡単に変更できるようにした。データのエクスポート機能も追加した。専門家や企業向けの新たなプラン「ChatGPT Business」も発表した。

[佐藤由紀子ITmedia]

 米OpenAIは4月25日(現地時間)、AIチャットサービス「ChatGPT」に、チャット履歴を保存しない機能を追加すると発表した。ユーザー設定で「Chat Histroy & Training」をオフにすれば、AIとの会話はモデルのトレーニングに使われず、サイドバーにも表示されない。

 off 履歴を保存しない設定

 この機能は同日からすべてのユーザーに展開される(本稿執筆時点で筆者の環境ではまだ表示されない)。

 OpenAIは数週間前に履歴を保存しないオプトアウトを可能にしているが、Googleフォームから申請する必要があった。

 新たな機能では、設定画面でいつでも変更できる。なお、チャット履歴を無効にしても、不正行為監視の目的で会話は30日間保持される。

 OpenAIはまた、ChatGPTの新たなプラン「ChatGPT Business」も発表した。「データをより詳細に管理する必要のある専門家や、エンドユーザーの管理が必要な企業向け」のサブスクリプションとしている。このプランはChatGPT APIのデータ使用ポリシーに従うもので、つまりエンドユーザーのデータがモデルのトレーニングに利用されることはない。このプランは向こう数カ月中に提供を開始する。

 さらに、ChatGPTデータをエクスポートする機能を追加した。こちらは既に利用可能になっている。

 data データのエクスポート

 エクスポートに含まれるのはアカウントの詳細とすべての会話。データはダウンロード可能なフォーマットのファイルとして登録したメールアドレスに送られる。

 こうした動きは、EU米連邦政府が生成AIサービスによるデータ使用などについて調査するChatGPTタスクフォースを立ち上げる中で行われた。イタリアは3月、プライバシー規制が順守されるまでChatGPTの利用を禁止すると発表した。イタリアは、ChatGPTがユーザーにデータを管理できるツールを提供するなどの要求に応じればサービスを再開できるとしていた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.