連載
» 2014年05月28日 09時00分 公開

和田憲一郎が語るエネルギーの近未来(1):なぜスマートハウスが必要なのか、独自の開発を続けるプロジェクトから学ぶ (2/3)

[和田憲一郎(エレクトリフィケーション コンサルティング),スマートジャパン]

エネルギーの前提は「どう生きるべきか」にある

和田氏 両方のプロジェクトを通して、最終的に何を目指すのか。

中村氏 最初に考えなければならないのは、「将来どのような世界を作るか」という点ではないだろうか。スマートコミュニティーといえば、エネルギーを「どう変換するか」「どう溜めるか」「どう活用するか」という方法論になりがちだ。しかし、より重要なのはそれぞれの地域に合った形で、「どう暮らすか」「どう生きるか」「どうあるべきか」という点だと考えている。つまり、「将来どのような世界を作り、そこでどう生きていくか」を基盤として考えなければならない。

 そのような観点でスマートコミュニティーを見直すと、3つのテーマが出てきた。(1)電力インフラを軽減すること、(2)災害に強い町作り、(3)分散エネルギーの社会的価値を高めるという3つだ。

(1)電力インフラを軽減

 分散型エネルギーシステムが普及すると、需要側でのピークカット、ピークシフトを実行でき、電力インフラの負荷を軽減することができる(図1)。しかし、特定の地域に集中・大量導入すると、系統側の電圧上昇や電圧の振動などが発生するだろう。どこまで分散エネルギーを導入することが最適なのか、シミュレーションを進めながらシナリオを組んで検討することが必要になる。

図1 需要家側でのピークシフト/ピークカット 出典:スマートエナジー研究所

(2)災害に強い町作り

各家庭に分散型エネルギーシステムを導入すると、地震などの災害が起きてもエネルギー供給が絶たれにくい建物が多くなり、災害に強い町づくりが可能となる。再生可能エネルギーを効率的に利用し、人と環境が調和する社会の実現に近づく。

(3)分散エネルギーの社会的価値を高める

 エネルギーの利用効率を上げるためには、現在進めている再生可能エネルギーによる電力と、系統からの電力を調和させる必要がある。そうすることにより、再生可能エネルギーを効率よく使うことが可能となる。

 分散エネルギーを既存の電力と調和させるメリットは幾つもある。ピークカット、ピークシフトにより電力会社の最大需要電力を下げるとともに、コミュニティーの中でエネルギーを融通できる。さらには電力不足時、クラウドと連携してダイナミックな対応ができるなど、多くの利点があるだろう(図2)。

図2 分散エネルギーシステムと系統電力との協調 出典:スマートエナジー研究所

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.