ニュース
» 2016年10月24日 09時00分 公開

自然エネルギー:地熱発電の普及課題に突破口、地下水を使わない世界初のシステムを開発 (2/2)

[陰山遼将,スマートジャパン]
前のページへ 1|2       

運用コストを大幅に削減

 温泉水を利用する一般的な地熱発電の場合、揚水管の内部などに不溶性成分が析出・沈殿し固形化するため、メンテナンスや交換が必要になる。加えて地下の蒸気や熱水が枯渇しないようにするため、発電に使用した熱水を地下に戻すための還元井の設置も必要だ。だが、温泉水を利用しないJNEC方式であれば、こうしたコストも大幅に削減できるという。

 ジャパン・ニュー・エナジーはこのJNEC方式の地熱発電について、大分県玖珠郡九重町に建設した「水分発電所」で実証を行った(図2)。実証運転を継続している同発電所では、さらなる性能向上へ向けた技術開発を進めるとともに、大規模化も図る計画だ。現在は24kW程度の出力を、2025年をめどに3万kW(キロワット)にまで拡大するとしている。

図2 出典:ジャパン・ニュー・エナジー
前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.