ニュース
» 2017年04月05日 11時00分 公開

水力発電で目指せ2.4億kWh、北陸電力が目標をさらに引き上げ自然エネルギー(2/2 ページ)

[陰山遼将,スマートジャパン]
前のページへ 1|2       

水力発電所の新設も推進

 既設設備の改修に加えて、水力発電所の新設も進める。北陸電力は2016年4月に、当時グループ全体で27年振りとなる新規開発の水路式水力発電所「片貝別又発電所」(富山県魚津市)の運転を開始した。これに次ぐ新たな水路式の大型発電所を、グループ会社の黒部川電力が新潟県糸魚川市に建設する計画だ。

 発電所の名称は「新姫川第六発電所」で、既設の「姫川第六発電所」の取水設備などを活用する。発電出力は2万7500kWで、年間発電量は8500万kWhを見込む。これは一般家庭2万7200世帯分の年間使用電力量に相当する発電量だ。

「新姫川第六発電所」の建設位置(クリックで拡大) 出典:北陸電力
「新姫川第六発電所」のイメージ(クリックで拡大) 出典:北陸電力

 新姫川第六発電所は2018年7月に着工し、運転開始は2022年4月を予定している。無事に完成すれば、2025年に2.4億kWhという目標の達成に、大きく寄与する発電所になる。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.