パワーエレクトロニクス最前線 特集
ニュース
» 2019年10月16日 07時00分 公開

蓄電・発電機器:テスラが家庭用蓄電池「Powerwall」の日本展開を発表、価格は100万円を下回る (2/2)

[陰山遼将,スマートジャパン]
前のページへ 1|2       

100万円を下回る本体価格、日本での販売戦略は?

 注目の販売価格は蓄電池本体が82万5000円、BackupGatewayが16万5000円(ともに税別)で、2つの合計で99万円とシステム全体では100万円を下回る価格を実現した。この価格には10年の保証も含まれているが、実際に購入する場合、取り付けなどの工事費用が別途発生する。

 テスラといえば、電気自動車などに関してもWebサイトなどを通じた直販体制が特徴となっている。テスラモーターズジャパンでは、PowerwallについてもWebサイトからの受注を受け付ける(既に開始中)。なお、日本での販売目標などは非公表。

 ただ、住宅用蓄電池の場合、実際にはユーザーの自宅などに取り付ける施工作業が必要になる。そこで同社では、Powerwallの販売および施工について、認定制度を導入する方針だ。同社が認定した販売施工会社は、専用のロゴを掲示することが可能になる。

Powerwallの認定施工会社を示すロゴ 出典:テスラモーターズジャパン

 なお、Powerwallの取り付けに関しては、ロック機構を備える専用部品を壁面などに取り付け、そこに本体を引っ掛けるように取り付けるかたちになるという。取り付けの施工に関しては2名程度で行えるとしている。

 認定施工店については既に全国で5社との提携が決まっており、2020年春の販売開始に向けて今後も拡大する予定だ。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.