ニュース
» 2019年11月14日 07時00分 公開

太陽光:卒FIT太陽光を最大13.5円で買い取り、みんな電力が売電先を選べるマッチングサービス

みんな電力が住宅太陽光の卒FIT電力を、再エネの活用を推進する企業や団体に供給できるマッチングサービスを発表。関東圏における買取単価は最大で13.5円/kWhと業界最高水準だ。

[スマートジャパン]

 みんな電力は再生可能エネルギーの固定買取価格制度(FIT)による電力の買い取りが満了(卒FIT)となる住宅太陽光発電ユーザー向けに、卒FIT電力を好きな企業や団体に提供できるマッチングサービス「顔の見えるPtoP卒FITプラン」の提供を開始した。同社の専用Webサイトを通じて受付を開始している。

 顔の見えるPtoP卒FITプランは、みんな電力が開発しているブロックチェーンを活用した独自の電力流通プラットフォーム「ENECTION2.0」を活用。太陽光発電ユーザーはこのプラットフォームを通して、卒FIT電力をまずみんな電力に売電。みんな電力は買い取った卒FIT電力を、ユーザーが選択した企業や団体に供給するというスキームだ。

 みんな電力が開発するENECTION2.0では、発電量と需要量を30分単位でマッチングする他、同社が買い取った卒FIT電力に対して発電源に関する情報も付与(トラッキング)できる。そのため、どのユーザーがどの企業・団体にどれくらいの卒FIT電量を供給したかを把握可能だ。

「顔の見えるPtoP卒FITプラン」 出典:みんな電力

 同プランの提供エリアは、北海道、北陸、沖縄を除く全国で、卒FIT電力の買い取り単価は、関東エリアで税込8.5円/kWh、関西エリアで8円/kWhと、大手電力各社の卒FIT向けプラント同額に設定した。ただ、先着500人、かつ「顔の見える発電所」として売電を行う場合は、さらに5円を上乗せした価格で買い取りを行うとしている。なお、売電額を受け取るかわりに、選んだ供給先の企業・団体から返礼品を受け取るプランも用意する。

 現在、同プランへの参加企業・団体は、TBSテレビ、TBSラジオ、丸井グループ、三菱自動車工業、パタゴニア日本支社、公益財団法人横浜YMCA、社会福祉法人福祉楽団、大地を守る会、ステップアップ塾の9社。今後も参画企業・団体は増える予定だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.