ニュース
» 2020年01月08日 07時00分 公開

自然エネルギー:伊藤忠が東京本社でCO2フリー電力を活用、非化石証書の活用で

伊藤忠商事は、東京本社ビルで使用する電気を2020年1月分より「RE100」に適用可能な実質CO2フリー電力に全面的に切り替える。

[スマートジャパン]

 伊藤忠商事は2019年12月17日、東京本社ビルで使用する電気を2020年1月分より「RE100」に適用可能な実質CO2フリー電気に全面的に切り替えると発表した。

 石油や石炭などの化石燃料を用いずに発電された電力を売買するための「非化石証書」を組み合わせた、実質CO2フリー電気を東京電力エナジーパートナーから調達する。非化石証書には前橋バイオマス発電所のトラッキング情報が付与され、電源種別や所在地が明確化される。

取引スキーム図 取引スキーム図 出典:伊藤忠商事

 RE100は、事業運営に必要な電力を100%再生可能エネルギーで賄うことを目指す企業が加盟する国際的な環境イニシアチブ。伊藤忠商事は、2019年度の短期経営計画において「サプライチェーンを含むグループ全体のCO2削減目標」策定を掲げており、温室効果ガス削減に対する具体策の1つとしてRE100にも適合した実質CO2フリー電気に切り替える。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.