キーワードを探す
検索

「宅配ボックス」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

最新記事一覧

パナソニックは、自動で応答して宅配ボックスに荷物の投函を依頼できるテレビドアホンを11月に発売すると発表した。宅配需要が増える中、「すぐに応答できない」という悩みを解消できるという。ワイヤレスモニター子機も付属。市場想定価格は4万3000円前後(税別)で月2500台を生産する予定。

()

ブックオフコーポレーションは、10月28日にマンションの宅配ロッカーを利用した「宅配ボックス買取サービス」を開始。ブックオフオンラインや公式アプリから買い取り申し込み後に「フルタイムロッカー」へ品物を投函(とうかん)すれば買取査定手続きが完了する。

()

国土交通省は2019年10月1日から次世代住宅ポイント制度をスタートする。同制度では、“家事負担軽減に資する設備”として、住宅用宅配ボックスが補助金の対象となる。これを受け、パナソニックは、同日から後付け用宅配ボックス「COMBO-Light」を全国のパナソニックショールームで展示を始めるとともに、受注を開始し拡販を図る。

()

Amazonが2019年10月から「置き配」の標準化に向けて実験を開始する。岐阜県多治見市が対象。置き配は既に都市部を中心に実施している。気になるのはセキュリティーだが、現時点では盗難などは1件も起こっていないという。同社はロッカーの設置も進めており。物流の大きな転換点となる可能性がある。

()

PacPortは、スマート宅配ボックス「PacPort」の先行販売をクラウドファンディングサービス「Makuake」で開始した。自社開発のスマートロックを活用し、誤配送やなりすまし受取を防ぐ安心・安全な宅配ボックスとして提供する。先行予約価格は通常価格から20%オフの3万9800円(送料・税込)。

()

「セキュリティ環境が必要な部屋の入退室」「イベントやコンサート会場での本人確認」「空港の出入国管理」――このようなイメージが強い「顔認証」システムだが、実は利用シーンが広がってきているという。主な用途や今後の顔認証システムの可能性について、NECの担当者にITmedia ビジネスオンラインの記者が話を聞いた。

()

大京グループの穴吹工務店は2019年8月下旬、「大分駅」徒歩10分の立地に建設中の新築分譲マンション「サーパス大分新町レジデンス」の販売を開始した。この建物は、調査、用地取得、企画、設計、施工、販売、管理、入居後のアフターサービスを大京グループが行う県内37棟目のサーパスマンション。

()

アマゾンジャパンが「置き配」の実施エリアを拡大。置き配とは、送員が商品を届ける際に、玄関や車庫など顧客が指定した場所に置くサービスだ。3月から地域を限定して行っていたが、今後は東京都の他、神奈川県、埼玉県、愛知県、静岡県、大阪府、福岡県といった大都市圏に広げる。

()

インクリメントPは、地図検索サイト「MapFan」の有償会員向けサービス「MapFanプレミアム」へ新機能を追加。新たにビジネス利用へ特化した新機能を追加し、追加料金なしで利用できる。最大30カ所の一括ルート自動作成や地図上での顧客管理、業務目的の地図の印刷・複製が可能となる。

()
キーワードを探す
ページトップに戻る