キーワードを探す
検索

「物件」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

関連キーワード
最新記事一覧

不動産経済研究所は、2020年と2021年1〜6月に首都圏投資用マンションの市場動向を調査した結果を公表した。リサーチの結果によれば、2021年1〜6月に供給された投資用マンションは76物件・3650戸で、前年同期と比較し、物件数は1件増加し、戸数も166戸増えたことが判明した。

()

アットホームは、不動産情報サイト「アットホーム」における賃貸居住用物件のコーナーで、閲覧数が多い人気の駅をまとめた「アットホーム人気の駅ランキング 札幌市編」を公表した。ランキングでは、「総合」「シングル向き物件」のカテゴリーで、「北24条」駅がランクインし、北24条駅は単身世帯を中心に人気なことが判明した。

()

アットホームは、不動産情報サイト「アットホーム」における賃貸居住用物件のコーナーで、閲覧数が多い人気の駅をまとめた「アットホーム人気の駅ランキング 名古屋市編」を公表した。ランキングでは、総合順位とシングル向き物件のカテゴリーで「新栄町」駅が1位にランクインし、単身世帯を中心に新栄町駅が人気なことが判明した。

()

アットホームは、不動産情報サイト「アットホーム」における賃貸居住用物件のコーナーで、閲覧数が多い人気の駅をまとめた「アットホーム人気の駅ランキング 福岡市編」を公表した。ランキングでは、「総合」「シングル向き物件」「カップル向き物件」のカテゴリーで、「博多」駅がランクインし、単身世帯やカップルに人気なことが判明した。

()

国土交通省は、過去に人が死亡した不動産の取引に際して宅地建物取引業者がとるべき対応についてまとめた「宅地建物取引業者による人の死に関する心理的瑕疵の取扱いに関するガイドライン(案)」を作成し、パブリックコメント(意見公募)を2021年5月20日〜6月18日に実施した。今後、国交省では、パブリックコメントで集まった意見を参考に、今回作ったガイドライン案の改訂などを行う見通しだ。

()

アットホームは、エーエスシーが開発・運用する、スマートフォンやタブレット端末から写真付き管理報告書の作成やオーナーへの報告が簡単に行えるサービス「物件の報告」を、2021年6月1日より提供開始した。オンライン報告にも対応し、業務効率化を目指す。

()

アットホームは、不動産情報サイト「アットホーム」における賃貸居住用物件のコーナーで、閲覧数が多い人気の駅をまとめた「アットホーム人気の駅ランキング 大阪市編」を公表した。ランキングでは、総合順位とファミリー向き物件のカテゴリーで「大正」駅が1位にランクインし、家族世帯を中心に大正駅が人気なことが明らかになった。

()

東京都などの緊急事態宣言は解除見通しながら、人の流れを抑える動きは依然続いています。対象地域の飲食店が嘆く姿を報道で目にしたり、繁華街で空き店舗を見掛けることも多いのではないでしょうか。そこで今回は、アットホームが先日公表した「50坪以下の貸店舗の募集動向」から、2020年下期(2020年10月〜2021年3月:以下、今期)の状況を詳しく見ていきます。

()

伊藤忠都市開発と東京建物は、東京都墨田区両国2丁目で新築分譲マンション「クレヴィア両国 国技館通り」の開発を進めている。MRCの調査によれば、クレヴィア両国 国技館通りは、両国の目抜き通りに位置する国技館通り沿いで約10年ぶりに供給される物件で、総戸数50戸以上の物件としては初となる。

()

先日、某週刊誌が東京都心に立地するタワーマンションが、欠陥住宅であるという記事を掲載した。その物件は都心の人気エリアに立地。業界のトップ企業が分譲し、2年前に建物が完成して入居もおおむね終わっていた。記事の内容からすると、相当な規模の補修工事が必要になりそうだ。

()

三井不動産リアルティは、インターネット上で、2015年4月1日以降に不動産を購入あるいは売却した45歳以上の1851人を対象に「中高年層の住み替えなどに関する調査」を実施した。リサーチの結果によれば、対象者の65.9%は住み替え時に物件の資産価値を意識していることが判明した。

()

ヒューリックは、開発を進めていた老人ホーム「チャームプレミアグラン南麻布」が2021年2月に竣工したことを公表した。同社は、4Kビジネス(高齢者、観光、環境、教育)の1つとして高齢者施設の開発に注力しており、今回の物件を含め3600室超の居室を所有している。チャームプレミアグラン南麻布は、AI・IoTのテクノロジーを活用して先進的な高齢者施設を実現するスマートシニアハウジング構想を具体的に適用した第1号の物件で、睡眠センサーや顔認証カメラによる入退館管理システムなどの導入により、入居者と運営者双方への新たな付加価値を提供している。

()

TERASSは、過去3年以内に中古マンションを購入した経験がある20〜50代の男女500人に、住宅購入に関するアンケート調査を実施した。調査結果によれば、対象者のうち約半数が不動産仲介会社から紹介された物件を購入しており、不動産仲介会社や担当者からどのような物件情報を提供されるか、どのような提案を受けるかは家探しで重要な要素であることが判明した。

()

オウチーノは、住宅・不動産専門のWebサイト「オウチーノ」のアクセス数などを調査し、「中古マンション購入検討者」に人気の最寄り駅をランキング化した。調査結果によれば、広い物件を探しやすい郊外エリアにある駅の上位ランクインが目立ち、新新型コロナウイルス感染症拡大の長期化に伴い、テレワークを導入する企業が如実に増えたことを反映した結果となった。

()

テレワークスペースのシェアリングを提供するテレワーク・テクノロジーズ(東京都中央区)は、5月10日、テレワークスペースの運用代行丸投げサービス「テレスペ丸投げ」を発表した。空きスペースなどの物件を用意するだけで、誰でも副業でテレワークスペース運営が可能になる。

()

アットホームは、不動産情報サイト「アットホーム」における賃貸居住用物件のコーナーで、閲覧数が多い人気の駅をまとめた「アットホーム人気の駅ランキング 東京23区編」を公表した。ランキングでは、総合順位とシングル向き物件のカテゴリーで「三軒茶屋」駅が1位にランクインし、さまざまな世帯に三軒茶屋駅が人気なことが裏付けられた。

()

大和ライフネクストは、東京都江東区南砂7丁目で、カンファレンスホテル「L stay&grow南砂町」をオープンした。L stay&grow南砂町は、戸田建設が所有する「南砂工作所」跡地を有効活用する事業の一環として開発された物件。働く人と企業を支援する快適な研修施設の提供を目的に掲げている。

()

不動産テックベンチャーのファンタステクノロジーが、空き家物件紹介サイト「ファンタスリプロ」を開設。リフォームに必要な費用も試算し、物件の総費用が見えにくい空き屋の価格を透明化することで、中古物件の流通促進につなげる。

()

大和ハウス工業が、神奈川中央交通と長谷工コーポレーションとともに、神奈川県藤沢市で開発を進めていた分譲マンション「プレミスト湘南辻堂」が2021年1月22日に竣工した。プレミスト湘南辻堂は、いきもの共生事業推進協議会が主催する「第2 回ABINC賞」で、「特別賞」を受賞した物件。開発のプランニング段階で、敷地の生態系調査を行い、約9700平方メートルの広大な緑地に生き物の生息場所となるビオトープを計画した。具体的には、バードバスや巣箱を設けるなどの環境保全に取り組んだ。

()

不動産テック協会とGeoloniaは、不動産情報に共通IDを付与するAPI「不動産共通ID」β版の提供を開始した。住所や物件名の表記ゆれなどに影響されずに物件を特定でき、不動産情報のデータ連携を容易にする。基本機能は無料で提供する他、住所の正規化などが可能な有料プランも用意する。

()

アットホームは、物件の購入検討もしくは賃貸を検討している18〜50歳の男女412人に、今後希望する住まいの探し方や不動産会社に求めることについての意識調査を行った。その結果、住宅の購入検討者と賃貸物件を探している対象者ともに、重要事項説明と契約は対面で行いたい人が全体の半数以上を占めることが明らかになった。

()

本連載では、不動産に関する各種データや不動産仲介の現場から集めたリアルな声をもとに、アットホームラボの磐前淳子氏が最新の市場動向について解説していきます。今回は、東京都の主要20エリアにおける2020年下期(7〜12月)の小規模オフィスを対象にした賃料動向を分析していきます。

()

清水建設は、BIMモデルで構造設計の関連情報を一元管理するべく、Revitモデルのデータ連携を拡充する機能を構築した。既に実物件10件に適用して両機能がデータ変換と部材断面表の作成業務を短縮させる有効性を確認しており、今後は全社の設計部門に水平展開するという。

()

東急不動産と鹿島建設は、「東京ポートシティ竹芝」の事業会社、アルベログランデが、三菱UFJ銀行、みずほ銀行とのシンジケーション方式によるサステナビリティローンの契約を2020年12月23日に締結したと発表した。同ローンは本物件を裏付けとするノンリコース形式となっている。

()
関連キーワード
キーワードを探す
ページトップに戻る