キーワードを探す
検索

「ロボット」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

最新記事一覧

労働力不足が叫ばれる建設業界では、作業効率化に向けた取り組みが進んでいるが、その中でも人に代わって現場作業を行う、いわゆる“建設ロボット”は効果が発揮されやすい。建設作業では、作業の姿勢や強度で人にとっては過酷なものが多い。それをロボットが代替すれば、その分の人手が他の作業や工程にまわせることになる。

()

6月8日はロボット掃除「ルンバ」の記念日――皆さんはご存じだっただろうか? この「ルンバの日」に合わせて、アイロボットジャパンが神田明神で「2024 ルンバ感謝祭」を開催した。今まで自宅などの清掃に貢献してきたルンバに感謝と別れを告げるという、このイベントに密着した。

()

BlackBerry Japanは、組み込みシステム向けソフトウェアプラットフォームの最新版「QNX SDP 8.0」が産業用/医療用ロボットの開発に最適なことをアピール。特に、ロボット開発ソフトウェアフレームワークの「ROS 2」を用いた産業用ロボットを商用化する際には、安全性、セキュリティ、性能の観点から有力な選択肢になるという。

()

政府は首相官邸で「国内投資拡大のための官民連携フォーラム」を開催した。会合には建設テック事業者を中心とした6社から成る建設DX研究所が出席し、中小建設事業者へのDX導入支援などについて訴えた。岸田文雄首相は会合での議論を踏まえ、人手不足の解消に効果のあるIoTやロボットなどの汎用製品の導入を支援する「中小企業省力化投資補助事業」について、建設DX関連の製品も追加するよう国土交通省などに指示した。

()

MONOistやEE Times Japanに掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、ロボットプラットフォームとして知られる「ROS」の最新動向やデジタルツイン活用の事例を紹介する連載「ROSの進化とデジタルツインの可能性」をまとめた。

()

さまざまなメーカーから販売されているロボット掃除機。忙しい生活を送っている現代人にとってありがたい存在だが、どれを選べばよいのか悩ましいのも事実だ。この記事では、お勧め機種の1つとして、エコバックス(ECOVACS)の最新ロボット掃除機「DEEBOT T30 OMNI」の魅力に迫る。

()

東京都が4月27日から5月26日までお台場地区で開催している技術展示イベント「Sushi Tech Tokyo 2024」(スシテック)。小池百合子都知事が「未来のテクノロジーが楽しめる」とうたう同イベントでは、大小さまざまなロボットやモビリティーが展示されている。その中でも目を引くのが「勇者ファイバリオン」だ。

()
キーワードを探す
ページトップに戻る