キーワードを探す
検索

「ロボット掃除機」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

最新記事一覧

Amazonプライムデーに毎年のように人気モデルを投入しているアイロボットジャパン。2024年も、人気モデルをプライムデーの先行セールから投入している。しかも今回はITmedia PC USER読者限定クーポンも用意。最大47%以上もお得に買えるこの機会にぜひ、ルンバを“お迎え”してほしい。

()

Amazonプライムデーの先行セールが7月11日にスタートした。アンカー・ジャパンはプライムデー先行セール並びにAmazonプライムデーに参加している。これまで最多という260製品以上を出品しており、おなじみ完全ワイヤレスイヤフォンからロボット掃除機や愛玩ロボットまでそろえる。

()

「Amazon プライムデー」が7月14・15日に開催される。それに先駆けて、7月11日からSwitchBot(スイッチボット)の対象のスマート家電が値引き販売が始まった。この機会に、気になるスマート家電をチェックしてみてはどうだろうか。

()

7月16日と17日に開催される「Amazon プライムデー」において、「ECOVACS(エコバックス)」のロボット掃除機が最大5万円引きで購入できる。セール価格は7月11日から始まった「プレセール」でも適用されるので、同社の掃除機が1週間もお得に買えてしまう。読者限定クーポンを適用すればさらに値引きされるので、見逃さない手はない。

()

6月8日はロボット掃除「ルンバ」の記念日――皆さんはご存じだっただろうか? この「ルンバの日」に合わせて、アイロボットジャパンが神田明神で「2024 ルンバ感謝祭」を開催した。今まで自宅などの清掃に貢献してきたルンバに感謝と別れを告げるという、このイベントに密着した。

()

さまざまなメーカーから販売されているロボット掃除機。忙しい生活を送っている現代人にとってありがたい存在だが、どれを選べばよいのか悩ましいのも事実だ。この記事では、お勧め機種の1つとして、エコバックス(ECOVACS)の最新ロボット掃除機「DEEBOT T30 OMNI」の魅力に迫る。

()

Xiaomiは、サブブランド的に展開しているPOCOの新モデル「POCO F6 Pro」を5月23日に海外で発表した。円安の為替相場が続く中、ハイエンドモデルでわずかながら7万円を下回る価格は破格の安さと言っていいだろう。POCO F6 Proはオンライン専売モデルだが、日本でこうした販売方法が定着するのかも気になるところだ。

()

人感センサーの多くは赤外線を使っており、センサーの範囲に人がいる、いないということしか検知できないものがほとんどだ。「スマート人感センサーFP2」はミリ波レーダーを使用しており、高度な検知が可能だ。実機を試してみた。

()

コロナ禍でペットを飼い始めたものの、コロナ禍以前の生活に戻ってしまったため、ペットとの時間を確保できないと思い悩む飼い主は多い。生活の中で“自動化”できるところは自動化して、ペットと触れ合う時間を捻出したい――そう考えている人にお勧めなのが、Dreameのロボット掃除機「DreameBot X30 Ultra」だ。ペットと暮らす上で欠かせない掃除と、それに関係するあれこれをハンズフリー化できる。

()

Amazon.co.jpで3月29日から4月1日まで開催される「Amazon新生活ラストセール」では、Roborock(ロボロック)の最新ロボット掃除機/スティック型水拭き掃除機が最大6万5010円引きで販売される。この記事では、対象商品の中でも特にお勧めしたい商品を紹介する。

()

モバイルバッテリーでおなじみのAnkerが、「Anker 新生活祭り」をスタートした。対象製品はモバイルバッテリーのほか、ポータブル電源、AV関連製品、ロボット掃除機など。新生活を始めるのにぴったりな製品が最大47%オフとなっている。また条件を満たした人向けにポイント還元キャンペーンも開催している。

()

2022年10月にバージョン1.0がリリースされた、スマートホーム規格「Matter」。これまでは、Matterの真の利便性を示すことができるデバイスがほとんど存在しない状態が続いていたが、NXP Semiconductorsが「CES 2024」で展示したデモでは、Matterで実現するスマートホームの可能性が示されていた。

()

日用家電として、炊飯器、洗濯機、掃除機、エアコンなどは必需品と言えるが、昨今急速に日用家電の仲間入りを果たしたのが、ロボット掃除機である。iRobotの「ルンバ」がロボット掃除機の代名詞であった時代はすでに10年以上昔であり、今は多種多様のメーカーが参入している。

()

アイロボットジャパンが、ロボット掃除機「ルンバ」や空気清浄機「クラーラ」などを月額制で利用できる有料サブスクリプションサービスをリニューアルする。最低契約期間を大幅に短縮する他、期間途中の解約に伴う違約金の廃止、サブスクリプションコースの簡略化など、改定内容は意外と多岐に渡る。この改定の狙いはどこにあるのだろうか?

()
キーワードを探す
ページトップに戻る