キーワードを探す
検索

「学習」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

関連キーワード
最新記事一覧

データ駆動型ビジネスの浸透に伴い、ストレージに求められる要件は、運用の簡素化、俊敏性の向上、データの価値発揮など、いっそう高度化している。その中で注目されるのが、マイクロサービスや機械学習を採用した次世代アプライアンスだ。

()

エッジAIスタートアップのエイシングは、マイコンを使って、AIによる推論実行だけでなく学習も行えるアルゴリズム「MST」を開発した。ローエンドの「Cortex-M0+」を搭載するマイコンでも動作するMSTだが、より多くのメモリ容量が求められるランダムフォレストと同等の精度が得られるという。開発の背景を同社 社長の出澤純一氏に聞いた。

()

デザインを専門的に勉強したわけではないけれど、Webデザインも手掛けるエンジニアに向けて「よく見る」失敗例から改善案を提案する本連載。最終回となる今回は「ユーザーの行動を操ろうとし、目的地へたどり着かせない」UIと、それに対する解決案を解説します。

()

データの複雑性と規模の増大により、ストレージシステムには、信頼性やコスト効率、データ削減など、多様かつ高度な要件が求められるようになった。その中で注目される、コンテナや機械学習を採用した、次世代型のストレージ基盤とは?

()

朝日新聞社は長い文章を要約するAIを開発した。過去30年分の朝日新聞記事のデータなどをディープラーニングによって学習させた。文字数や割合を指定して、長い文章を入力すると、要約文を得られる。AIの機能をAPIとして公開しており、評価用途に限って無償で利用できる。

()

機械学習をビジネスで活用したい人に向け、最新技術情報に基づき、機械学習の概要、統計学との違い、機械学習の作業フローと学習方法、回帰/分類/クラスタリング/次元削減に使える手法、次の一歩を踏み出すための参考情報を、5分で読めるコンパクトな内容で紹介する。

()

Microsoftと米国陸軍が進めてきた統合視覚増強システム(IVAS:Integrated Visual Augmentation System)の開発が、開発段階を抜けて製造の段階へ向かおうとしているようだ。Microsoft HoloLensやMicrosoft Azureなどの技術を活用して開発されたヘッドマウントディスプレイ形式の戦闘支援システムで、兵士に対してさまざまな情報に基づく支援ができるとされている。拡張現実と機械学習を使った複合現実によるトレーニングも可能だという。

()

Armが最新アーキテクチャとなる「Armv9」を発表。日本のスーパーコンピュータ「富岳」向けに追加した拡張機能「SVE」をベースに開発した「SVE2」により機械学習やデジタル信号処理(DSP)の性能を大幅に向上するとともに、よりセキュアなコンピューティングを実現する「Arm Confidential Compute Architecture(CCA)」を導入するなどしている。

()

京都大学の熊谷誠慈氏らの研究グループは、現代人の悩みや社会課題に対して仏教的観点から回答するAI「ブッダボット」を開発した。Googleの自然言語処理モデル「BERT」を活用し、最古の仏教経典「スッタニパータ」を機械学習した。

()

半導体などの部品や基板の検査にも使われるマシンビジョン。マシンビジョンに深層学習を採用することで、従来のルールベースのマシンビジョンが苦手な“イレギュラーな欠陥”を検出できるようになる。深層学習採用のマシンビジョンは、検査の低コスト化のみならず、製造の最適化にも貢献する。

()

テレワークによってメール運用が個人に任されている今、重要性を増すサービスが標的型メール訓練だ。マルウェアスパムやフィッシング詐欺、ビジネスメール詐欺などのリスクが取り沙汰される中、従業員のセキュリティリテラシーを高めるために必要なことは何か。

()

東京医科歯科大学の藤田浩二講師と慶應義塾大学の杉浦裕太准教授の研究グループは、ゲームを操作する親指の軌跡を機械学習によって解析することで、手根管症候群を簡便にスクリーニングする方法を開発した。

()

IoTセンサー端末の消費電力を大幅に低減できる「機械学習コア内蔵MEMSセンサー」をご存じだろうか。文字通り、機械学習を行う回路を組み込んだMEMSセンサーであり、マイコンやプロセッサを介さずに、センサー自ら状態を判断できるデバイスだ。この次世代型センサーとも呼べる機械学習コア内蔵MEMSセンサーの使い方などを詳しく紹介していこう。

()

Googleは機械学習に対応したモバイルSDK「ML Kit」の一般提供を開始した。合わせてSelfie Segmentation API β版のML Kitへの追加と、ML Kitに含まれるPose Detection API β版の機能強化も発表した。モバイルアプリケーション開発者が視覚処理と自然言語処理に関する機械学習を利用しやすくなる。

()

小中学生が新型コロナウイルスに感染したり濃厚接触者になったりした場合、一定期間の出席停止が必要だ。学習の遅れを防ごうとオンライン授業を行う学校が増えてきた。GIGAスクール構想で1人1台の学習用端末が配備される見通しで、遠隔授業はより身近になってきた。

()

DXに取り組まなければ今後の企業成長は困難。しかし、人手不足も相まって現行システムのメンテナンスで手がいっぱい――そんな課題に直面している企業は少なくないはずです。解決の鍵は、AI/機械学習を活用した支援ツールを取り入れることで、“人手”を減らすことにあります。

()

三井不動産は、所属するビル管理者の育成や専門知識の習得を目的に、体験形式で、さまざまな施設設備の操作方法や緊急時の対処を学べる研修施設「三井不動産 総合技術アカデミー」を開設した。施設内では、実際の粉末消火器を用いた放出訓練と実際の火を使用する消火体験も屋内で行える。

()
関連キーワード
キーワードを探す
ページトップに戻る