キーワードを探す
検索

「Sophos」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

最新記事一覧

仮想マシン(VM)やVMが稼働する物理インフラを保護するために、ベンダー各社はVM用セキュリティソフトウェアを提供している。こうした製品の中から、VMware、Sophos、McAfeeの製品の機能や特徴を説明する。

()

サイバー攻撃の脅威を多くの企業が意識する一方、万が一攻撃を受けた場合のデータの復旧体制は心もとない――。企業を対象にした調査では「攻撃を受けたか把握できない」ケースが半数を超える現状さえ判明した。高度化する攻撃に備え、より確実な復旧体制をどうつくればいいのか。

()

クライアント管理サービスを手掛けるKaseyaは米独立記念日前の金曜午後、大規模なランサムウェア攻撃を受けたと発表した。オンプレミス版で約40の顧客が犠牲になり、全顧客にサービスの停止を呼び掛けている。セキュリティ企業はロシアのハッカー集団REvilが関わっている可能性を指摘した。

()

主にIaaS利用における「設定ミス」を防ぎ、想定外の事態を起こさないための仕組み「CSPM(Cloud Security Posture Management:クラウドセキュリティ状態管理」)に関心が集まっている。概要や必要性、使いどころ、他のリューションとの違いなどをガートナーのアナリストに聞いた。

()

ソフォスが発表した「ランサムウェアの現状2020年版」によると、ランサムウェア攻撃を受けて暗号化されたデータを復元するために身代金を払うと、支払わなかった場合と比べて、被害を回復するのに約2倍のコストがかかることが分かった。

()

サイバー脅威が巧妙化するにつれ、ポイント型セキュリティ製品の限界が露呈し、インシデント対応の遅れが多くの企業で顕在化している。そこで注目されるのが、複数の製品を統合して相互連携させる「統合セキュリティシステム」だ。

()

どれだけシステムにセキュリティ対策を施しても、最後に残るのは「人の脆弱性」。全社員に「情報漏えいが起きたら大変なことになる」と意識付けるにはどうすればよいか――ポイントは「情報の洗い出し」です。

()

サイバー攻撃の拡大はとどまるところを知りません。働き方改革の広がりを支える「モバイルデバイス」や「Wi-Fi」は、デスクトップPCや有線ネットワークと比べて、セキュリティ対策が甘い場合も少なくありません。本特集では、企業のセキュリティ担当者やシステム管理者の方々に向け、モバイルを中心としたさまざまな「セキュリティソリューション」の最新動向を紹介します。

()
キーワードを探す
ページトップに戻る