キーワードを探す
検索

「武田信玄」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

最新記事一覧

長野県諏訪市公認のご当地萌えキャラ「諏訪姫」が売れている。デビューから4年が経っているのに、いまだに人気があって、フィギュアの販売個数は20万個を突破。全国的にみると、ご当地萌えキャラは苦戦しているのに、なぜ諏訪姫は多くの人から愛されているのか。

()

BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。

()

フリースケール・セミコンダクタ・ジャパンは、日本企業と協業し、通信機器や車載機器を短期間で開発できる製品群の提供に注力してきた。社長のディビッド M. ユーゼ氏は、「2014年も協業関係の拡大を図り、“ソリューションプロバイダ”としての成長を目指す。特にIoT(モノのインターネット化)の分野では、高い専門技術を持つ中小企業に注目している」と語る。

()

海外で活躍する日本人技術者がいる一方で、グローバル化に翻弄される日本企業もある。超円高など日本企業の置かれた危機的状況を鑑みて、エンジニアに求められる発想や行動とは一体どんなものだろうか。3人の“侍エンジニア”の言葉に耳を傾ける。

()

今年は日本とドイツの外交関係が樹立してから、150周年にあたる。ドイツでは、150周年にちなんでさまざまなイベントが催されているが、先日訪れたフェスティバルでちょっと変わったグループを発見した。そのグループとは……。

()

「ジンザイ」には2種類ある。事業組織にとってヒトを“材”として扱うか、“財”として扱うかは大きな違いだ。そして働くひとりひとりにとっても、自分が“材”になるか“財”になるかは人生・キャリアの大きな分かれ目となる。

()

かつての名君、名将からリーダーシップを学ぶ経営者やビジネスマンは後を絶たない。数年前からじわじわと広がりを見せている女子歴史ブームにおいて、歴史アイドルの草分け的存在である小日向さんに、戦国武将とリーダーについて語ってもらった。

()

この度、ギネスブックが「世界最古のホテル・旅館」として認定した西山温泉慶雲館。創業から1300年を経ても、人気を集めていられる秘密はどこにあるのか。第52代当主の深澤雄二さんへのインタビューを中心に、同館のスタッフのみなさんからもお聞きした内容をお伝えする。

()

変化の激しい現代、そんな中でも数々の困難を切り抜けて生き残ってきた“長寿企業”がハイライトされる機会が増えている。その1つが西暦705年創業の西山温泉慶雲館である。温泉宿としては世界最古の慶雲館、現代でも人気を保っている理由を第52代当主の深澤雄二氏に尋ねに行った。

()

12月1日に発売された「モンスターハンターポータブル 3rd」と長野・信州渋温泉とのコラボレーション企画「ユクモノ気分で狩り放題!」について、現地で販売されるグッズやイベントなどの詳細情報が発表された。ユクモパスで参加可能なイベントや各種割引もあるので、お出かけ前には忘れずに。

()
キーワードを探す
ページトップに戻る