キーワードを探す
検索

「VR」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

最新記事一覧

横浜スタジアムをバーチャル空間上に再現する取り組みを、横浜DeNAベイスターズとKDDIが行う。ファンはオリジナルのアバターを作成し、他のファンと一緒に観戦できる。コロナ禍の影響で球場への来場人数が制限される中で、自宅などから応援を楽しめるようにする。

()

コロナ禍で、ライブなどをネットで有料配信し、ビジネスにつなげる動きが活発になっている。VRを使ってオンライン上で行う「バーチャル・ディスコ」ができれば、住む場所や年齢などに関わらず、全世界から平等に同じ感動体験が可能になるだろう。

()

ポケモンをテーマにしたバーチャル遊園地「ポケモンバーチャルフェスト」が、8月12〜31日に開園。PCやスマートフォン、「Oculus Rift」などのVRデバイスで参加できる。モンスターボール型の観覧車やピカチュウ型の巨大モニュメントなどのコンテンツが楽しめる。

()

Facebook傘下のOculus VRが、VRプラットフォーム内のボイスチャット機能「パーティー」の同時参加人数を4人から8人に増やした。また、誰でも参加できる「パブリックパーティー」を開けるようにし、パーティーのメンバーが簡単にゲームやアプリに参加できる「Travel Together」機能も追加した。

()

世界最大級の産業見本市「ハノーバーメッセ」の主催者であるドイツメッセは2020年7月14〜15日に初のデジタルイベント「ハノーバーメッセDigital Days」を開催した。本稿では、キーノートスピーチの1つに登壇した5G-ACIA 議長のアンドレアス・ミュラー(Dr. Andreas Mueller)氏による「5G for the Industrial IoT(産業用IoTのための5G)」の内容を紹介する。

()

自社が免許を保有する周波数帯を活用して自営型の5Gネットワークを構築・運用する「プライベート5G」を打ち出したソフトバンク。これはパブリックの5Gとローカル5Gの中間と位置付ける運用形態となる。海外では自営の4Gネットワークを構築・運用する「プライベートLTE」が既に活用されていることから、同様の取り組みとしてプライベート5Gを推進するに至った。

()

NTTドコモは、7月・8月に「5G evolution & 6G Summit」をWebで開催。5G・6Gの研究開発促進や同社の検討状況を公開するとともに、外部有識者によるパネルディスカッションや展示を行う。併せて、6Gホワイトペーパーも2.0版へ更新した。

()

KDDIグループのソラコムは、IoT通信プラットフォーム「SORACOM」でau 5Gネットワークを利用したMVNO事業を2020年度中に開始。「AWS Wavelength」を活用した、超低遅延アプリケーション環境の実証実験も行っている。

()

近年、急成長を遂げる“不動産テック市場”。非対面・非接触での営業や契約締結、VRでの物件内見、スマートロックなどの新しい不動産テックサービスが次々と登場し、不動産業界にもデジタル変革の波が押し寄せている。本連載では、不動産テック市場を俯瞰的に見ながら、延期が決定した東京五輪の影響やCOVID-19で意図せず普及が進む“リモートワーク”に伴う市場変化などを織り交ぜ、足元の不動産テック市場の現況と今後の見通しをアットホーム 原雅史氏がレポートしていく。連載第1回では、不動産業界のデジタルトランスフォーメーション(DX)が約35年前から始まっていると言われていることを踏まえ、戦後を出発点にした不動産業界のDXがこれまでどのように発展してきたかを振り返る。

()

With/Afterコロナ時代に向け、企業経営や業務プロセスの在り方、働き方そのものの見直しが強く求められている。本稿では、日本のモノづくりを根底から支える中小製造業にフォーカスし、BCP(事業継続計画)の観点を交えながら、“いかなる困難にも打ち勝てる強い現場づくり”のヒントを提示する。

()
キーワードを探す
ページトップに戻る