ニュース
» 2009年06月11日 19時28分 UPDATE

3分LifeHacking:1日1分でOK――政治も経済もビジネスマナーも、まとめてクイズで覚えてみる

小難しい政治や経済に関する話も、クイズ形式ならば覚えられるかもしれない。ビジネスに活かせる知識が身に付いて、会員登録なしでも利用でき、毎日最新の問題が更新されているWebサイト2つを紹介しよう。

[杉本吏,Business Media 誠]

 テレビをつければ毎日のように見かけるクイズ番組や雑学番組。何の気なしに眺めていたはずがついつい集中してしまい、気付けば最後まで見入っていた――という経験があなたにもあるのではないだろうか。クイズ形式ならば、小難しい政治や経済に関する内容も頭に入りやすい気がするし、いちいち「勉強しよう!」と意識することなく、知識を吸収できるのがいい。

 そこで今回は、(1)ビジネスに活かせる知識が身に付いて、(2)会員登録なしでも利用でき、(3)毎日最新の問題が更新されているWebサイト2つを併せて紹介しよう。

1日1分から挑戦できる「bizトレ」 苦手分野のチャート分析も

ts_q0.jpg cybozu.netの「bizトレ」。過去問も合わせると1000問以上を公開している

 まずはcybozu.netが運営するポータルサイトのビジネストレーニングコンテンツ「bizトレ」。基礎的なビジネス知識やマナーを、女子新入社員キャラ“若葉あおい”さんが出題してくれる。

 問題は1日3問ずつ出題。1回1分程度で答えられる内容だ。「ちょっと物足りないなあ」という人は、充実している過去問に挑戦してみるといいだろう。

ts_q1.jpg 出題は1日3問。回答時間も設定されている

ts_q2.jpg 1問正解するとスコアが100増える。スコアは翌日以降に持ち越される(会員登録なしの体験版ではスコア記録はなし)

ts_q3.jpg 自分のランキングと“biz力”も分析してくれる

 bizトレは会員登録なしでも利用できるが、無料の会員登録をすると、自分の得意な苦手な分野をチャートで分析したり、全国ランキングで自分の実力を確認したりできるようになる。

ユーザー投稿型の「問答家族」 外国語やIT関連のカテゴリーも

ts_q4.jpg アイオイクスの「問答家族」。こちらも1000以上の“問答”を公開中で、これまでに45万人以上が回答したという

 お次に紹介するのはアイオイクスの運営するポータルサイト「問答家族」。クイズに限らず、“問答”(投票/アンケート/クイズ/検定/心理テスト/診断テストのすべてを指す)全般を集めたユーザー投稿型のサイトだ。クイズ番組の優勝者やクイズ作家などを中心とした「オフィシャル出題者」が、質の高い問題を定期的に出題しているのも特徴の1つ。

 クイズは「マジメ系」「エンタメ系」など大きく12種類にカテゴリー分けされており、各カテゴリーの中にはさらに細かく「ニュース」「ビジネス」「政治・経済」「外国語」「IT関連」などに分けられている。それぞれクイズだけでなく適職診断や心理テストも用意しているので、気になるものを選んで挑戦してみよう。

 また、問答家族では通常のクイズに加えて「石原壮一郎の『大人力』を鍛える社会人シリーズ」などの特集も行われている。職場の後輩にいいところを見せたい! という人は、「後輩に慕われつつ頼りにされる! 大人の先輩力検定(男性編)」を試してみてはどうだろう。

ts_q5.jpg 人気ランキングや評価ランキングから遊びたい“問答”を選べる

ts_q6.jpg ユーザー投稿型なので、最新の時事クイズも多い

ts_q7.jpg 「後輩に慕われつつ頼りにされる! 大人の先輩力検定(男性編)」

 問答家族も、クイズに回答するだけならば会員登録なしで利用できる。自分で問答を作成したり、ユーザー同士でメールを送り合ったり、問答にコメントを付けたりしたい場合は、会員登録が必要となる。


 ビジネスパーソンが楽しみながら知識も付けられるクイズサイト。とはいえ、業務時間にクイズばかり楽しんでいて本業がはかどらない――なんてことになったら本末転倒だ。「出社してから始業までの朝時間」の習慣にしたり、会議の合間の空き時間に試してみたりと、ちょっとした息抜きとして楽しんでみてほしい。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -