ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

「投稿」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

関連キーワード

セキュリティ勉強会休止、「攻撃コードの研究発表でも逮捕されかねない」と懸念 いたずらURL事件受け
セキュリティ勉強会「すみだセキュリティ勉強会」が休止。いたずらURL投稿者がウイルス供用未遂の疑いで摘発された事件などで警察に不信感を募らせており、「単なるセキュリティ勉強会ですら、脆弱性の解説や攻撃コードの研究発表を理由に、逮捕事案にしかねない」と懸念したためという。(2019/3/20)

Instagram内でショッピングが完結する「Checkout」β開始
Instagramが、ブランドの投稿内の商品をInstaramから離れずに購入できる新機能「Checkout」のクローズドβを米国で開始した。ユニクロ、Adidas、ZARAなどが参加している。(2019/3/20)

「女性を軽視する内容」 湯布院のユースホステルの投稿めぐり日本ユースホステル協会が謝罪
混浴に関するツイートが批判を呼んでいました。(2019/3/18)

もう失敗したくないあなたへ:
PR:仕事で使うソフトウェア・クラウドサービスを利用者視点で丸裸にするレビューサイトが好評なわけ
仕事に便利なソフトウェア・クラウドサービスが急増する中、どれを利用するかで悩むビジネスパーソンは多いはずだ。それもそのはず、ツール選びに役立つ情報は実は極めてまれで、そのことが導入の失敗につながっていた。こうした課題を解消しようと登場したのが、ソフトウェア・クラウドサービスに対する“口コミ投稿”をユーザー側の視点でとりまとめたITレビュー(口コミ・評判)サイト「ITreview」だ。果たしてどのようなものなのか?(2019/3/18)

FacebookとInstagramで障害発生中 「ホワイトデーの投稿ができない」など悲鳴も
3月14日10時時点でまだ復旧はしていないようです。(2019/3/14)

「Twitterカメラ」開始 写真や動画ツイート、より簡単に
Twitterの公式スマートフォンアプリに、新たなカメラ機能「Twitterカメラ」が実装。ホーム画面で左にスワイプすれば即時に起動。撮影した動画や写真は従来の画像投稿より大きく表示され、ツイートテキストは、写真や動画の下にテロップのように表示される。(2019/3/14)

FacebookとInstagramで障害 ログインや投稿など不具合
3月14日未明から、FacebookとInstagramで、投稿やログインができないなどの不具合が出ている。(2019/3/14)

「何してんの!?」「大馬鹿野郎!!」 麻薬取締法違反容疑で逮捕のピエール瀧容疑者、最後のインスタ投稿に失望の声
ツアーで訪れていた岡山県での投稿が最後。(2019/3/13)

炎上させるのは「声だけ大きい少数派」? ネット“不謹慎狩り”の問題
不謹慎狩りとは、SNS(会員制交流サイト)などで楽しそうな投稿をしていると、「被災者がいるのに不謹慎だ」とたたかれる現象である。2011年3月11日の東日本大震災以降、インターネット社会から浮上してきた言葉である。(2019/3/12)

一種のマウンティング行為:
高年収の男性が多い? 炎上活動に積極的な「口うるさい少数派」とは……
不謹慎狩りとは、SNS(会員制交流サイト)などで楽しそうな投稿をしていると、「被災者がいるのに不謹慎だ」とたたかれる現象である。2011年3月11日の東日本大震災以降、インターネット社会から浮上してきた言葉である。(ストーリー戦略コンサルタント・芝蘭友)(2019/3/12)

“インスタ映え”で迷惑 パリの写真映えスポットの住民、市に対処求める
迷惑撮影の様子を投稿するアカウントも。(2019/3/10)

「登録者50万いてもいい」「頭の良さの無駄遣い」 “どうでもいいニュース”の動画が急伸、投稿者に話を聞いてみた
京大生であり、YouTubeの動画投稿者であり、キャップ投げの名手でもある。(2019/3/11)

AKB48劇場支配人・細井氏が退任、前NGT48劇場支配人・今村氏は契約解除 「元関係者のツイッター投稿」受け
AKSがオフィシャルブログを通じて発表しています。(2019/3/7)

「シン・エヴァ劇場版特報」盗撮・ネット投稿した容疑者が書類送検 カラーが発表
「シン・エヴァンゲリオン劇場版」の特報(予告編)の映像が昨年7月、映画館で盗撮されネット公開された問題。容疑者が、今年2月に著作権法違反の容疑で書類送検されたとカラーが発表した。(2019/3/6)

Twitter“不適切投稿”の岡口判事を聴取 国会訴追委
国会の裁判官訴追委員会は4日、ツイッターの投稿をめぐり最高裁から戒告処分を受けた東京高裁の岡口基一判事(53)を事情聴取した。聴取内容を踏まえ、罷免の是非を判断する国会の裁判官弾劾裁判所に訴追するかを決める。(2019/3/5)

しわくちゃなのにかわいい「しわしわピカチュウ」が絵師の間で流行中 きっかけは「名探偵ピカチュウ」の新PV
愛らしさにやられた人たちによるイラストや手芸が、次々と投稿されています。(2019/3/4)

試着写真のシェアアプリ、ユナイテッドアローズらが開発 画像投稿者にインセンティブを付与
通販サイトを見て気になった服の試着画像をリクエストすると、店舗で試着した人から画像をシェアしてもらえるスマホアプリを、ユナイテッドアローズら3社が立ち上げた新会社・fitomが開発する。(2019/3/1)

「やりすぎでは」「ただの私刑」 “バイトテロ”投稿主の個人情報暴露、法的に責任はないの?
弁護士は「不適切動画問題と、再拡散や特定拡散は別の問題」と語ります。(2019/2/18)

360度カメラ「RICOH THETA」に最上位モデル「Z1」登場 3月下旬発売予定、ストア価格は12万6900円
2300万画素相当の高品質映像が撮影でき、YouTube、Googleマップや、TwitterなどSNSへの投稿も可能。(2019/2/27)

西野七瀬、卒コン後にInstagram開設 初投稿で“アイドル人生”を振り返る「メンバーと出会えてよかった」
開設から1日たたずしてフォロワーは25万人を突破。(2019/2/26)

今日のリサーチ:
スマホ決済に関する不満、1位は「PayPay」――Insight Tech調べ
「不満買取センター」に投稿された「スマホ決済に関する不満」1826件を解析した結果。(2019/2/25)

「Jアラート」試験のエリアメール、江東区が誤配信 「びっくりした」「文面が……」
「Jアラートのテストかな、急に携帯が鳴ってびっくりした」「電車で携帯が一斉に鳴った」――2月20日午前11時過ぎ、こんな投稿がTwitterに相次いだ。一方で「私の携帯は、Jアラートを受信できる設定なのに鳴らなかった」という投稿。何が起きたのか。(2019/2/20)

バンナム、アソビのアイデアを募集するプラットフォーム「ASOBIZA」をリリース 採用企画をクラウドファンディングなどで実現
企画を投稿できるプラットフォーム。(2019/2/16)

「YouTubeに飲酒喫煙シーンを含む動画が投稿できなくなる」 規約を誤解したデマ拡散
規約を誤読したツイートが拡散されています。(2019/2/14)

TwitterのiOSアプリでスレッドを離れずに投稿者のプロフィールを確認できる機能テスト
Twitterのタイムライン上でツイートのユーザープロフィールを1タップで確認できる機能のテストがiOSアプリで始まった。スレッドを離れずに確認し、フォローしたりミュートしたりできる。(2019/2/14)

「バイトテロ」なぜなくならない? 「厳罰」の事業者も
飲食店やコンビニエンスストアのアルバイト店員が不適切な動画をインターネット上に投稿するケースが相次いでいる。こうした行為は「バイトテロ」と呼ばれ、対応に苦慮する事業者側は、関わった店員を解雇するだけでなく、法的措置も含む「厳罰」を科す姿勢を示している。どうすれば抑止できるのか。(2019/2/14)

落とし物を撮ってアップしただけで特定されるかも!? 「SNSのリスク」呼びかける漫画に注目
堅苦しい話ですが、目の前の出来事をすぐ投稿するだけのことでも、リスクはあるのです。(2019/2/13)

バカッターの次は「バカスタグラム」? 変わる“バイトテロ”の発火点
「すき家」や「くら寿司」のバイト店員の不適切な動画が炎上し、運営企業が謝罪した。不適切な動画は主にTwitterで拡散されるため「バカッター」と呼ばれるが、今回の動画が最初に投稿されたのはInstagramだった。(2019/2/12)

ビッグエコー店員がから揚げを床に、謝罪文発表 元動画は2018年以前に投稿
新たにネット上に拡散されたことについては「厳正に対処する」としています。(2019/2/7)

CloseBox:
空耳アワーにWeb投稿してみた
20年くらいあたためていたネタを投稿した。(2019/2/6)

おぉぉ、いい音おぉぉぉ! 新型「スープラ」のエキゾーストサウンド、レーサー飯田章選手が投稿
大阪オートメッセではTRDのスープラコンセプトカーが出るそうですよ。(2019/2/6)

Facebookメッセンジャーの投稿、10分以内なら削除可能に
「Facebook Messenger」で投稿後にメッセージを削除できるようになった。投稿後10分以内であれば自分のメッセージを削除できる。削除したことは相手に表示される。(2019/2/6)

IoT照明:
SNSの投稿でLED照明を演出?Webとリンクした「IoT照明コントローラー」を岩崎電気が発売
岩崎電気は、インターネットを経由して照明を制御できる屋内用のIoT照明コントローラー「Link-Core(リンクコア)」を発売した。(2019/2/6)

「もうやめましょう」 たむらけんじ、「カメラなかったらおもろ無い奴」投稿で批判のラーメン店に大人の対応
なおラーメン店は「さーせん、反省しときます」「君には関係ないんだよ」などストロングスタイルを貫いています。(2019/2/5)

「新生ポケットビスケッツだしん!」 クロちゃん、千秋&RGとの3ショット投稿で袋だたきに遭ってしまう
もはや孤高の戦士に見えてきた。(2019/2/4)

「nanaco」なくしてもすぐには止められない? 「チャージ残高は翌日以降、オートチャージは即時停止」
「nanacoカードを落としたため、コールセンターに連絡したが、止められるのは翌日になると言われ、当日中に悪用されてしまった」――こんな投稿がTwitter注目を集めた。カードを紛失した場合どうなるか、セブン&アイに聞いた。(2019/2/4)

FacebookのファクトチェッカーからSnopes.comが脱退「負担が大きすぎた」
Facebookがフェイクニュース対策の一環として2016年に立ち上げたサードパーティによる投稿のファクトチェックプログラムから、米ファクトチェックサイトのSnopes.comが脱退した。有償で従事したが、負担が大きすぎたとしている。(2019/2/3)

「たま…… くれ……」 Amazonに投稿された「BIOHAZARD RE:2」レビューが秀逸と話題に
おなじみのメッセージの体裁や、有名な「かゆい うま」をしっかりなぞっています。(2019/2/2)

「私は意図的に落とされた」「審査員のセンスを疑ってしまう」 ピン芸人・キートン、「R-1グランプリ」の審査に苦言で波紋広がる
TwitterとInstagram両方に思いをつづったルーズリーフを投稿しています。(2019/1/31)

駅弁にカビが! そんなときSNSにさらさず「メーカーに連絡しよう」と呼びかける漫画に共感の声集まる
それ、本当にSNSに投稿する必要がありますか?(2019/1/31)

Twitterに「平成最後」絵文字実装 ハッシュタグを投稿すると自動で挿入
平成も残すところわずか。(2019/1/30)

「アバンティーズ」がエイジさんの死去後初めて動画投稿 今後の活動については明言を避ける
「どうか、もう少し僕らに時間をください」(2019/1/29)

質問箱のPeingに脆弱性 ユーザーのTwitterトークンが“丸見え” 公式アカウントが乗っ取られメンテナンスに
匿名質問サービス「Peing-質問箱-」に脆弱性があった。悪用すれば、第三者が任意のユーザーになりすましてツイートを投稿することなどが可能だった。(2019/1/29)

音声入力したテキストと声を同時投稿 アメーバブログに新機能「こえのブログ」
サイバーエージェントがブログサービス「Ameba」の新機能「こえのブログ」の提供を始めた。書きたい内容をスマホで音声入力し、声と文字の両方で投稿できる。(2019/1/24)

Instagram、「フォロワーの7%にしか投稿が見えない制限」のウワサを否定
フォローしている相手の投稿を隠していないとしています。(2019/1/24)

AppleのmacOS担当ベテランエンジニアがGoogleのFuchsiaチーム入り
Appleで14年間macOS関連に従事してきたベテランエンジニアのビル・スティーブンソン氏が、2月からGoogle入りし、「Fuchsiaという新しいOSを市場に投入する手助けをする」とLinkedInに投稿した。(2019/1/24)

漫画情報サービス「アル」始動 漫画ファンの愛ある投稿が漫画選びをサポート
数万作以上の漫画について、ファンが見どころなどを投稿できます。(2019/1/23)

コスメ専用口コミアプリ「ホットペッパービューティーコスメ」春に開始へ
コスメ専用のユーザー投稿型アプリ「ホットペッパービューティーコスメ」が春に提供スタート。コスメの使用感を投稿したり、ほかの人の投稿をチェックして自分に合ったコスメを探せる。(2019/1/23)

読みたいマンガがそこにある ファンの熱量で作る投稿サイト「アル」公開 漫画村に心痛めたけんすう氏が開発
マンガファンによるマンガファンのための投稿サイト「アル」が正式スタート。ファンがマンガの見どころを投稿したり、新刊情報の通知を受け取れる。開発したけんすうさんは、「自分が欲しかったサービスを、マンガファンと一緒に作っていきたい」と話す。(2019/1/22)

元FREETELの増田薫氏、小型ケータイ「Simple2」発売を予告? Twitterで
「FREETEL」ブランドで知られる増田薫氏が、Twitterで『小型携帯電話「Simple2」を世に出したい。先に海外で出しちゃうかも。』などと発言した。Twitterには「Simple2」とされる実機らしき画像も投稿されている。(2019/1/16)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。