ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「政治」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!政治→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で政治関連の質問をチェック
「社会/政治」分野の調査データ一覧 | 調査のチカラ

関連キーワード

“反ユダヤ”批判受けたベルリン映画祭 SNS乗っ取り被害も対応声明でまた炎上「臆病で哀れ」「映画人を守れず存在意義とは」
世界三大映画祭のうち、特に政治色が強く大衆主義的ではないと位置付けられています。(2024/2/27)

スペインの復活祭、公式ポスターのキリストが「性的」「女性的」と批判殺到 作者は「ばかげている」「芸術が政治利用」と一蹴
アーティストの27歳息子がモデル。(2024/1/31)

事例で学ぶAIガバナンス:
AIガバナンスの“コスト”はどのくらいかかる? EUのAI法案、影響を試算 「利益が4割減る」などの意見
2023年12月9日、EUの「AI法案」について、暫定的な政治合意に達したことを発表した。この規制が施行された場合の影響について、さまざまな角度から分析が行われており、AIガバナンスを実施する際にかかるコストの計算も進んでいる。(2024/1/23)

OpenAI、世界選挙イヤーに向けて複数の取り組み 有権者抑制目的のAIツール使用禁止など
OpenAIは、公正な選挙を損なう可能性のある方法での自社テクノロジー利用を阻止する複数の取り組みを発表した。政治活動目的のGPTやチャットbotの開発禁止などだ。(2024/1/16)

事例で学ぶAIガバナンス:
「AIガバナンス」の提供ツールは逆効果? 米調査団体「多くのガバナンスツールに欠陥がある」と指摘
EUの閣僚理事会と欧州議会は、AI法案の暫定的な政治合意に達したと発表した。AIリスクの管理が容易になると期待される一方、こうしたガバナンス方法の提案は「本当に社会にとってプラスになっているのか」と疑問を投げかけるリポートが注目を集めている。(2023/12/26)

露情報機関、英政官界に大規模サイバー攻撃
英政府は、ロシア情報機関「連邦保安局」(FSB)が英国内の政治家や公務員、記者、民間団体関係者らを標的に大規模なサイバー攻撃を仕掛けていたと発表した。英政府はFSB傘下のハッカー集団の構成員ら2人を制裁対象にしたほか、駐英ロシア大使を呼び出して「深い懸念」を表明したとしている。(2023/12/8)

Meta、FacebookやInstagram上の政治広告でのAI利用開示を義務付けるポリシー変更
Metaは、2024年の米大統領選に向けて、政治広告でのAIなどを利用したコンテンツのデジタル的な改変の開示を義務付けるポリシー変更を発表した。このポリシーは2024年に世界中で発効する。(2023/11/9)

どぶろっく、“ストップ! インボイス!”と訴える歌ネタにネット上の声が真っ二つ 「政治に声を上げる真面目な歌」「バカすぎて笑ったw」
いろいろと攻めてる。(2023/11/7)

IT業界で活躍する女性のロールモデル【第18回】
IT業界で殿堂入り――政治や医療分野でも影響力を持つ女性の活躍
IT業界で活躍する女性を表彰する「Most Influential Women in UK Technology」。政治や医学の分野で活躍し殿堂入りした人物とは。(2023/10/12)

Google、AIで生成した政治広告に明確な開示を義務付け 11月にポリシー更新
Googleは11月中旬に政治に関するコンテンツポリシーを更新し、選挙広告に合成コンテンツを含む場合、明確に開示する義務を追加する。(2023/9/7)

スピン経済の歩き方:
ビッグモーターの“叱責LINE”に驚愕 なぜ社長の息子は「恐怖政治」にハマったのか
ビッグモーター騒動が収まらない。兼重宏一前副社長の「恐怖政治」に注目が集まっているが、なぜ“叱責LINE”などを行っていたのか。(2023/8/1)

「外出なるべく避けること」テロップの下で高校生がプレー 猛暑の高校野球中継に「地獄を見た」「矛盾感じないのか」
昼間の試合開催には政治家からも批判の声が。(2023/7/31)

『走れメロス』の“ふんわり書き直し”が今風過ぎて爆笑 「性格イマイチな王を何とかしたいなー」「政治とかはあんまり…」
正直、走りたくなさそう。(2023/5/31)

2月にはサステナビリティ委員会も設立:
サンリオ、政治・経済などの分野で解決すべき社会課題10個を設定した「サンリオ・マテリアリティ」を発表 「クリエイティブの民主化」など
サンリオが「サンリオ・マテリアリティ」を発表した。政治・経済など、エンタメ領域以外のトレンドを分析し、解決すべき社会課題を10個設定した。(2023/5/19)

元「バチェラー」NFL選手がボーイフレンドと結婚、おそろいタキシードの結婚式公開 番組でカップル成立も破局後にカミングアウト
お相手は政治戦略家。(2023/5/15)

Go AbekawaのGo Global!〜Julian Garthwaite(前):
セキュリティスキルはポッドキャストで身に付けた
グローバルに活躍するエンジニアを紹介する本連載。今回はセキュリティエンジニアのJulian Garthwaite(ジュリアン・ガースウェイト)さんにお話を伺う。ニュージーランドの自然豊かな場所で生まれ育った同氏の将来の夢は「弁護士か政治家になって自国に貢献すること」。そんなジュリアンさんが技術の道に進んだ理由とは。(2023/5/25)

Twitter、米メディアNPRに露タス通信などと同じ「国家当局関係メディア」ラベル表示
Twitterは米非営利公共メディアNPRの公式アカウントに「国家当局関係メディア」ラベルを表示した。このラベルは露タス通信など、政治的圧力で統制されているメディアに付すものだ。NPRは抗議しているが、マスクCEOは「正しいみたいだよ」とツイートした。(2023/4/6)

トランプ前米大統領、起訴されたことについてFacebookに「民主党による魔女狩り」と投稿
ドナルド・トランプ前米大統領がニューヨーク州大陪審に起訴されたと報じられた。トランプ氏は2024年の大統領選挙への出馬を表明している。同氏はFacebookとTruth Socialでこれを「史上最低の政治的迫害と選挙干渉」と主張した。(2023/3/31)

大統領の苦悩を味わえるゲーム「Suzerain」が話題 国家の復興も汚職で投獄されるも全てプレイヤーの選択次第
近代の歴史や政治が好きな人はぜひ。(2023/3/2)

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:
自分らしく幸せに生きる――「ウェルビーイング」でリデザインする社会とビジネスの在り方
経営、テクノロジー、政治など、さまざまな分野から注目を集める言葉「ウェルビーイング」という概念で変わるビジネスについて、『ウェルビーイングビジネスの教科書』などの著書を持つ藤田康人氏が話した。(2023/1/31)

Twitter、2019年からの政治広告規制を緩和すると予告
Twitterは政治広告の規制を緩和すると発表した。同社は2019年、「政治的なメッセージは、金を使って届けるものではない」として禁止した。緩和の理由は説明していない。(2023/1/4)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
年金運用に暗雲? 22年上半期で5.4兆円の含み損 引き金となった28年ぶりの“事件”とは
政治に経済に、さまざまなニュースが駆け巡った2022年。中でも注目は、機関投資家に打撃を与え、年金運用にも大きな影響をもたらした28年ぶりの“事件”といえるだろう。(2022/12/30)

「生活を大幅カット」 デタラメな政治家を作って有権者の心を掴むカードゲームが面白そう
盛り上がりそうです。(2022/12/13)

TwitterのiOSアプリ、11月5日付の更新で「Twitter Blue」が7.99ドルに 「青バッジをゲットしよう」
TwitterアプリのiOS版が11月5日にアップデートし、米国版の更新履歴に「今登録すると、月額7.99ドルでTwitter Blueを使える」と表示されている。さらに「著名人、企業、政治家とおなじようにあなたのアカウントにも青いチェックマークが付く」とも。(2022/11/6)

フィデリティ・グローバル・ビュー:
テスラのジレンマは世界のジレンマ
鉱物資源の開発などを手掛ける鉱業会社が事業運営上の社会的、政治的、環境的リスクをどのように管理するかは、ネット・ゼロ移行に必要な金属を供給できるかどうか、という点で極めて重要です。(2022/11/11)

“沼る”ビジネスパーソンの共通点:
なぜ「怒り」を抑えられないのか 明石市長を暴走させた「イライラの正体」とは
暴言の責任を取り、政治家引退を表明した兵庫県明石市の泉房穂市長。実績を評価する声があがる一方で、近年はハラスメントに厳しい視線が向けられ、企業にもパワハラ防止措置が義務付けられる時代。人はなぜ怒りを抑えることができないのか。(2022/11/1)

「人民の、人民による、人民のための政治」を唱えたアメリカ大統領は? 中2なら秒で分かるかもしれないクイズ【社会・世界史編】
大人になって解いてみると、意外と難しい。(2022/9/24)

「ハリポタ」ネビル、エリザベス女王とのロイヤル4ショットで弔意 君主制反対の政治的姿勢からの複雑な心境も吐露
写真にはロン・ウィーズリー役のルパート・グリントの姿も。(2022/9/9)

イーロン・マスクのTwitter買収を米右派はなぜ歓迎したのか そしてなぜ、私たちも歓迎できる可能性があるのか
小林啓倫さんに、イーロン・マスクによるTwitter買収の一連の動きを題材に、政治とSNSの関係を論じてもらいました。(2022/8/1)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
ビジネスリーダーこそ、政治の世界に必要な人材です!
確かにビジネスは面白い。しかし、それと同等以上に政治やまちづくりはエキサイティングで、やりがいに満ちている。(2022/7/14)

「ディープフェイク」にだまされないためには【前編】
甘く見てはいけない捏造動画「ディープフェイク」の脅威 知人でも気付かない?
ディープフェイク攻撃は政治家や芸能人にとどまらず、最近は企業にも被害が広がっている。対抗するためには、まず仕組みを知る必要がある。ディープフェイクの要点をまとめた。(2022/7/8)

Tinderアプリ内で若者に投票を呼び掛け 狙いは?
Tinder Japan(東京都港区)は、同社のアプリ「Tinder」で、参議院選挙に合わせて加入者に投票を呼び掛けることによって若者にアプローチする。若者の政治参加を目指す一般社団法人「NO YOUTH NO JAPAN」とパートナーシップを組み、シナジーを狙う。期間は投票日の7月10日まで。(2022/7/7)

Facebook、政治家と若者がVR空間で議論するイベント 議員は「没入感がある」「実証実験に使える」など
Facebook JapanがVR空間で若者と政治家がディスカッションするイベント「メタバースで政治・選挙はどのように変わるか」を開催した。参加した衆議院議員は「没入感がある」「政策の実証実験に使える」「法案提出を急ぎたい」などと話したという。(2022/6/17)

政治のアンケート回答者全員に電子マネー、最大で100万円 前澤氏の出資企業で
政治家・選挙候補者向けサービスを提供するセンキョは、政治に関するアンケートの回答者全員にお金を贈るキャンペーン「全員お金贈り by センキョ」を実施すると発表した。当選金額は100円、1000円、1万円、10万円、100万円のいずれかとしている。(2022/6/10)

Meta、Facebookの政治広告のターゲティングについて外部研究者に情報提供開始
Facebookを傘下に持つMetaは、広告の透明性ツールを更新すると発表した。社会問題、選挙、政治に関するターゲティング広告のデータを外部研究者に提供する。(2022/5/24)

Innovative Tech:
「バナナの皮ですべった」ができるローラースケート型VRデバイス さまざまな地面の触覚を再現
台湾大学と国立政治大学、米メリーランド大学による研究チームは、VRの臨場感を高めるために、足に多段階の不均一な摩擦フィードバックを与えるローラースケート型ウェアラブルデバイスを開発した。(2022/3/28)

浦上早苗「中国式ニューエコノミー」:
不妊治療助成に学生出産奨励……、政治家の「産めよ増やせよ」が「女に死ねというのか」と炎上
一人っ子政策を廃止して「3人目容認」に舵を切り、不妊治療の助成や育児休業拡充を次々に導入した中国。国会に相当する全国人民代表大会では、政治家が出生率向上に向けさまざまな提言を行ったが、女性の立場や社会の実情を無視した的外れなものも少なくなく、ネットではブーイングの嵐だった。(2022/3/17)

Innovative Tech:
VRのキャラクターに「腕グイ」されるデバイス 政大や京大などが開発
国立政治大学や京都大学、米ポモナ・カレッジ、米カリフォルニア大学デービス校の研究チームは、VR中でユーザーの腕を引っ張る触覚ウェアラブルデバイスを開発した。(2021/12/17)

ほぼ週刊インフォグラフィックス:
SNSはオワコン? 世界平均の利用時間に頭打ち感
メンタルへの影響、政治利用やプライバシー問題など逆風のさなか、ついにSNSは「終わりの始まり」を迎えたのでしょうか。(2021/12/6)

“イェ”ことカニエ・ウエスト「家族との絆を取り戻せるのかと考え続けている」 離婚裁定中の妻へ公開復縁要請
アルコール依存や政治的スタンスについて言及しています。(2021/11/27)

欧州委員会、政治広告の透明性とターゲティングに関する法案 2023年施行を目指す
EUの欧州委員会は、政治広告の透明性とターゲティングに関する法案を発表した。2023年施行を目指す。違反した組織には罰金を科す。(2021/11/26)

FAメルマガ 編集後記:
なぜあなたの工場から斬新な改善アイデアが生まれないのか
ダイバーシティは政治的な正しさだけのために必要なものではありません。(2021/11/26)

FacebookやInstagramの広告ターゲティングオプション、健康、人種や政治的傾向は削除に
Meta(旧Facebook)は、FacebookやInstagramなどのサービスの広告ターゲティングで、「デリケートと見なされるオプション」を削除すると発表した。人種や民族、宗教的見解、政治的信念、性的指向、健康などに関連するものだ。2022年1月19日から実施する。(2021/11/10)

Twitter、AIバイアス調査結果 政治家のツイートはなぜか右派優勢
Twitterは「ホーム」タイムラインの推奨アルゴリズムのバイアス調査結果を発表した。政治的コンテンツの場合、右派の方が左派よりも増幅されていることが判明した。原因の特定は困難だが、改善の必要があるとしている。(2021/10/22)

トランプ前大統領、新SNS「TRUTH Social」立ち上げを発表 iPhoneアプリ予約受付中
Twitter、Facebook、Instagram、YouTubeなどから締め出されているトランプ前米大統領が新たなSNSを立ち上げる。「TRUTH Social」は「ビッグテックの専制政治に立ち向かうために」立ち上げたとトランプ氏。App Storeで専用アプリも公開した。(2021/10/21)

スピン経済の歩き方:
経済事件を予言? ビジネスパーソンこそ『ゴルゴ13』を読むべき理由
すご腕スナイバー、ゴルゴ13ことデューク東郷の活躍を描く漫画『ゴルゴ13』の作者、さいとう・たかを氏がお亡くなりになった。政治家や官僚など幅広い層に支持されているわけだが、筆者の窪田氏は「ビジネスパーソンこそ読むべき」だという。どういう意味かというと……。(2021/10/5)

中国政府が芸能界に厳格な規制を発表 アイドル育成番組や“女性っぽい”男性タレントも禁止の方向へ
タレントの人格や政治的な品質も厳しく選定されるとのこと。【訂正】(2021/9/3)

森山さやの「週刊マーケットダイジェスト」:
【動画】経済指標の悪化やFOMCの議事要旨公表を受け上値は重い展開
先週は米国や中国の経済指標が冴えない結果が多かったほか、FOMCの議事要旨を受け量的緩和縮小の前倒しが意識され、警戒感が広がり全体的に上値が重い1週間でした。アフガニスタンの政治リスクも高まっています。(2021/8/24)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
『文春』と『新潮』が中づり広告から撤退、それでも車内広告に未来はある
「週刊文春と週刊新潮が中づり広告を終了する」と8月17日報じられた。電車で中づりで政治や芸能の旬な話題がひと目で分かったものだが、スマートフォンの普及で下を向く人が増えた。確かに大手2社の撤退は転機になるだろう。しかし、中づり広告は廃れるかといえば、そうでもなさそうだ。(2021/8/20)

お詫びしたい:
河村市長がやらかしました 謝罪で使ってはいけない仮定法過去完了
河村市長がやらかしました。政治家のやらかしは後を絶たず、謝罪会見が開かれるたびにでるのが「(迷惑かけた/傷付けたとすれば)お詫びしたい」という言葉。せっかくの謝罪を台無しにする、使ってはいけない言葉なのに……。(2021/8/6)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。