ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「批判」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「批判」に関する情報が集まったページです。

テレワークのメリットを引き出す従業員管理法【中編】
Microsoft「生産性スコア」も批判の的に 「社員の生産性監視」は是か非か
Microsoftが「生産性スコア」を提供して批判を浴びたことから分かるように、生産性の監視に嫌悪感を抱く従業員は相当数いる。こうした中、企業はテレワーク中の従業員の生産性をどう管理すればよいのか。(2021/6/16)

上原浩治の容姿に言及したコラム記事 批判受け掲載元が一部削除、謝罪へ
当該コラムについて、上原さん「産んでくれた親に失礼」。(2021/6/14)

「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
上原さん「自分は何とか大丈夫ですが…それでも少し凹んでます」(2021/6/14)

『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
痛烈に批判。(2021/6/9)

ワクチン接種の電話予約につながるまでリダイヤルする「コロナコール」休止へ 批判寄せられ
嫌がらせや迷惑行為ではないかとの指摘が相次いでいた。(2021/6/5)

DHC、会長のヘイトメッセージをサイトから削除 半年にわたり掲載、ネットでは「差別企業」と批判も
文章は削除されたものの、発言の撤回・謝罪などは確認できず。(2021/6/4)

マドンナ、息子のドレス姿に反響「ナオミ・キャンベルにライバル出現ね」 一方で“セレブのアクセサリー”との批判根強く
マラウイ生まれの15歳。(2021/6/1)

「八方ふさがりからの脱出」:
元電通マンが島根で農業を志す理由 「実質リストラ」炎上の業務委託、当事者の“今”
電通を退職した社員が、業務委託契約を結ぶ──このプロジェクトに対し、ネット上で「体の良いリストラではないか」との批判が巻き起こったのが1月のこと。それから約5カ月が経過し、実際に退職したは今、何を思うのか。5人に話を聞いた。(2021/5/28)

“いま”が分かるビジネス塾:
ワクチン接種した人に抽選で1億円! 米国の“動き”は日本で受け入れられるか
新型コロナのワクチン接種が順調に進む米国で、接種率を高めるために、特典を付ける動きが活発になっている。日本では批判が集まりそうな内容だが、こうした仕組みは合理的なのか。それとも……。(2021/5/26)

Twitter、画像の自動トリミングバイアス調査結果 白人と女性をわずかに優遇
Twitterが、機械学習による投稿画像の自動トリミングが人種差別的だという批判を受けて行った調査結果を発表した。白人と黒人ではわずかに白人が、男性と女性ではわずかに女性が優位であるという結論だった。(2021/5/20)

「監督官庁からの天下りは人的わいろ」 SBG孫社長、“会食問題”など業界内の官民癒着を批判
ソフトバンクグループ(SBG)の孫正義社長が決算発表の場で、日本の産業界にはびこる天下りの仕組みを「監督官庁からの天下りは人的わいろ」「日本の構造的問題だ」として批判する一幕があった。(2021/5/12)

武井壮、オリンピック開催巡る批判に猛反論 「馬鹿だの脳筋だの権力に靡いてるだの勝手な妄想で罵詈雑言」
武井さん「お見苦しい言葉遣い反省いたします」。(2021/5/11)

益若つばさ、金髪姿で入学式参加への批判に「これが私のノーマルヘアー」 育児にも「苦労してなんぼというイメージ」と指摘
「こんなお母さん嫌だ」「ありえない」との声が上がっていました。(2021/5/6)

「本当にシャレもわからない人ばっか」 高嶋ちさ子、“愛犬虐待”批判に怒りのボルテージが振り切れる
高嶋さん「虐待とか言うなら、ネロともう遊べない」(2021/5/6)

アメリカを死神になぞらえ―― 中国大使館Twitter、物議醸した「米国が『民主』を持って来たら」ツイートを削除
「ここまで堂々とプロパガンダかますのも清々しい」など批判の声があがっていました。(2021/5/2)

ファーストキッチン、「台湾メロンパン」めぐり謝罪 「香港発祥」と批判の声
ファーストキッチンは香港発祥と認識しつつ、「わかりやすさ優先」で「台湾メロンパン」という商品名にしたと述べています。(2021/4/30)

TSUTAYAとメルカリの“新刊は意外と高く売れる”POPで炎上、その真意とは? 運営元のCCCに聞いた
「転売推奨」などと批判が集まり、4月28日付で中止となったTSUTAYAとメルカリのサービス。担当者に真意を聞いた。(2021/4/28)

「新刊本はメルカリで意外と高く売れる!」TSUTAYA一部店舗のPOPが批判呼ぶ CCC「配慮欠けた」とキャンペーンを中止
「店頭POP等で、著者や出版様への配慮が欠けた表現があり、一部の方に誤解与えてしまった」としています。(2021/4/26)

バレリーナ芸人・松浦景子、「芸人のくせに教えるなんて」と批判する有名関係者らに反論 「『へたくそなのに』 という言葉は使わないで」
20年以上のバレエ歴と実績を兼ね備える松浦さん。(2021/4/13)

厳しい結果に:
NHK予算、2年連続で全会一致承認ならず ビジョン「見えぬ」と批判
NHKの予算が、全会一致での国会承認を2年連続で逃した。近年では、籾井勝人会長時代に不祥事が相次ぎ、3年連続で賛成多数での承認となったが、与野党が全会一致で認めるケースが多い。(2021/4/13)

グラフィックスが“初代プレステ”レベルと話題のJTB製バーチャル空間 サービスの意図を聞く
JTBが4月7日に発表したバーチャル空間事業「バーチャル・ジャパン・プラットフォーム」の動画が波紋を呼んでいる。グラフィックスの品質が低いとして、YouTubeのコメント欄やTwitterでは批判が殺到。JTBにサービスの意図を取材した。(2021/4/12)

世界を読み解くニュース・サロン:
中国でビジネスをしようと思ったら、あるあるのリスク
中国に進出している海外企業が、現地で混乱に陥っている。米スポーツ用品大手のナイキ、スウェーデンの衣料品大手H&Mなどは批判を浴び、SNS上でボイコット運動も。何が起きているのかというと……。(2021/4/8)

仲里依紗、ディズニーでの「身バレ」発言に心ない批判 “冗談まじりのギャグ”通じず「私を知らない人はまぁ、そう思うわな笑」
仲さん「里依紗です」→クラッシュ「ミイサ?」→仲さん「そう! ミイサ!!」。(2021/4/4)

「日本文化を馬鹿にしている」 ヴァレンティノの広告、着物の帯の上を歩いていると批判 「帯ではない」と釈明し謝罪
当該のコンテンツは「日本の文化に敬意を込めて作成されたもの」と説明しています。(2021/3/31)

「調子に乗って出したアイデア」 女性タレントをブタに見立てた五輪演出統括、謝罪文全文を公開
チームメンバーの批判を集め、撤回していたといいます。(2021/3/18)

グーグルも手数料半分 アプリ市場、批判かわす狙いも
 【ワシントン=塩原永久】米グーグルは16日、同社のアプリ市場「グーグルプレイ」に出品する事業者から徴収している手数料について、年間売上高100万ドル(約1億900万円)までは、従来の半分の15%に引き下げると発表した。7月1日から適用する。(2021/3/17)

Googleもアプリストアの手数料を年間100万ドルまで15%に Appleと違い全開発者対象
「Apple税」で批判され、アプリストアの手数料を条件付きで半減させたAppleにGoogleも追随する。Appleと異なり、Googleは年間100万ドルまで15%でそれを超えたら30%と、全開発者が対象だ。(2021/3/17)

スピン経済の歩き方:
「自転車界のインテル」を生んだ日本で、なぜ配達員に“批判の声”が出ているのか
自転車の部品を開発している「シマノ」が、海外で称賛されていることをご存じだろうか。世界のスポーツ自転車向け部品のシェアは85%で、その高い技術力から「自転車界のインテル」と呼ばれている。そんな企業を生んだ国で、「自転車ヘイト」が起きている。なぜかというと……。(2021/3/16)

テイラー・スウィフトに「性差別的」と批判された番組主演女優が炎上被害に 謝罪求めるアンチに反論
欠点があるからリアルになる。(2021/3/5)

「生産性測定」の難しさ【前編】
Microsoft「生産性スコア」はなぜ批判された? テレワーク可視化の利点と課題
テレワーク体制が続く中、企業は従業員の生産性を測定するための新しい手段を求めている。ただし測定と監視の差は紙一重だ。その違いを考えると、Microsoftの「生産性スコア」に集まった反発の原因が理解できる。(2021/3/3)

世界を読み解くニュース・サロン:
なぜフェイスブックが「いじめっこだ」と世界から叩かれているのか
米フェイスブックが強大な影響力を批判されている。最近はオーストラリアでニュース記事の利用に料金を支払うよう求められ、強硬措置を取った。一方、グーグルは記事に対価を支払う新サービスの契約を各国で進める。劣勢のフェイスブックの今後の対応は?(2021/2/25)

働き方の「今」を知る:
リモートワークは絶対正義か 非リモート企業への「ブラック」批判が的外れなワケ
リモートワーク企業が増えているが、その一方で非リモートワーク企業への風当たりも強くなっている。中には「リモートワークできるのに、させてもらえない企業はブラック」という批判も耳にする。しかし、それは本当に正しいのか。(2021/2/24)

雇用管理:
ジョブ型とはジョブを定義することではない “人の出入り”前提の競争原理の働くエコシステムだ
ジョブ型への移行を巡っては、批判や懸念も多い。しかし「ジョブ型の本来の姿に照らすと、さまざまな誤解もある」と、マーサー ジャパンの取締役執行役員の白井正人氏は話す。ジョブ型の本質とは。(2021/2/24)

リスク管理できない日本的組織:
森会長退任問題が暴露した、根性論組織の弱さ
森元総理の失言問題大炎上は、JOCの組織そのものへの批判とエスカレートしました。なぜ失言癖のある森氏に会長を任せたのか。背景に……。(2021/2/20)

愛犬譲渡で“炎上”のGACKT、騒動について説明 批判の声には「その人のエゴと僕のエゴとは違う」
10日に公開した動画に批判が殺到していました。(2021/2/16)

“いま”が分かるビジネス塾:
森喜朗氏、菅義偉氏から逆説的に学ぶ、正しい謝り方
森喜朗会長や菅義偉首相の「謝り方」について、厳しい批判の声が飛び交っている。謝罪しているのに、なぜその意図が伝わらないのか。ビジネスパーソンにとって、正しい謝り方は……。(2021/2/16)

ジャスティン・ティンバーレイク、ブリトニーとジャネットに過去の過失を謝罪 「この謝罪は最初の一歩で、過去がなかったことになるわけではない」
配信が始まったブリトニーのドキュメンタリーから再噴出した批判。(2021/2/13)

経済界、森会長辞任「やむなし」 五輪スポンサー企業から批判やまず
 東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長が辞意を固めたことを受け、経済界には「やむを得ない」といった雰囲気が広がっている。スポンサー企業からは森氏の女性蔑視ともとれる発言に批判や苦言が相次いでいたからだ。消費者や国際世論の厳しい反応がこれ以上に拡大すれば、企業イメージの低下につながりかねない。日増しに強まっていった企業の批判的な姿勢が、辞任に少なからず影響した可能性がある。(2021/2/12)

「無料アプリがなくなる」とFacebook
Facebookが「Appleのプライバシー保護強化」に異例の批判 双方の言い分は?
Appleは同社製デバイスユーザーに関する新たなプライバシー保護策の導入を進めている。これに対してFacebookは異例の批判を始めた。それはなぜなのか。(2021/1/30)

有村藍里への“整形崩れてる”批判に反論多数  華麗なウエディングドレス姿に「めちゃくちゃ可愛い」と絶賛の声
有村さん「温かいお言葉をいただいて嬉しくて胸がいっぱいです」(2021/1/29)

Robinhood、株価乱高下のGameStopやNokia株の取引制限も、批判受け再開へ
個人投資家向け株取引アプリRobinhoodが、乱高下するGameStopやBlackBerry、Nokiaなど一部の銘柄の取引を制限した。これらの銘柄は、redditに集う個人投資家による買い集中で株価が急騰した。(2021/1/29)

「効率化で非正規切り」は本当か:
焼き肉業態で「非正規差別」? 批判記事を巡り、ワタミが抗議した「論拠」とは
コロナ禍で焼き肉業態へ業態転換を進めるワタミだが、近頃「非正規差別」をしているとの批判記事が公開された。これを受けてワタミ側は抗議文書を発表したが、その根拠は? 取材で見えてきた事実とは。(2021/1/28)

内部留保がコロナ禍の防波堤に 企業財務の変化と意味合い
国内企業の「内部留保(利益剰余金)の蓄積」は長らく、「前向きにお金を使わずため込んだ結果であり、景気回復の阻害要因」として批判対象になってきた。しかしコロナ禍では、その存在意義が見直されつつある。(2021/1/27)

『映画秘宝』Twitterアカウントが個人宛に「死にたい」とDM 送り主は編集長、“恫喝”と認め謝罪文を掲載
批判的な意見を述べていたアカウントにDM。(2021/1/26)

Microsoft、「Xbox Live Gold」値上げ予告に批判殺到で一転「無料ゲームはサブスク不要に」
MicrosoftがXboxのサブスクサービス「Live Gold」の値上げを発表したが、批判が殺到し、「過ちを犯しました」と数時間後に撤回。さらに、無料オンラインゲームをサブスク不要にするよう努力するとしている。(2021/1/25)

小津監督「東京物語」などアマプラで「然色映画」として何者かがカラー化配信 松竹「松竹から提供しているものではありません」
「作品に対する冒とく」との批判も。(2021/1/21)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
サイゼ社長の「ふざけんな」は当然 時短要請と協力金が批判されまくるワケ
当初、東京都は協力金を支払う対象を中小事業者に限定していた。しかし、大手企業から“異論”が相次いだ。不公平な仕組みを見直さなければ、都心店・大型店の崩壊は近い。(2021/1/20)

香港、国安法でネット初封鎖 政府批判、さらに困難に
香港国家安全維持法に違反する可能性があるとして、香港の民主化運動を支援するWebサイトが遮断された。同法に基づくインターネット規制が明らかになったのは初めて。香港の民主化活動家は「政府批判は全くできなくなるだろう」と懸念している。(2021/1/19)

浦上早苗「中国式ニューエコノミー」:
ジャック・マー氏“失踪”直前のスピーチ全文(後編)
アリババのジャック・マー(馬雲)前会長が、2カ月余り公の場に姿を現さず、消息についてさまざまな憶測が流れている。氏が2020年10月24日のスピーチで、中国の金融当局を批判したため、習近平国家主席らの怒りを買ったとの説もある。今回は、筆者訳のスピーチ全文の後編を紹介する。(2021/1/15)

浦上早苗「中国式ニューエコノミー」:
ジャック・マー氏“失踪”直前のスピーチ全文(前編)
2カ月余り公の場に姿を現さず、その消息がさまざまな憶測を呼んでいるアリババのジャック・マー(馬雲)前会長。2020年10月24日に氏が行ったスピーチが、中国の金融当局を批判し、習近平国家主席らの怒りを買ったとの説もあるが、実際の発言と大きくずれた報道も増えている。そこで、筆者訳のスピーチ全文を全2回に分けて紹介したい。(2021/1/14)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。