ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「異議・反論」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「異議・反論」に関する情報が集まったページです。

「私的に会ったこともない連絡先も知らない」蓮舫氏、「昔から友人」と話す東国原英夫氏の論評に反論、どちらにも賛否の声
蓮舫さん「スーパージョッキーでたけしさんの側にいた方」。(2024/7/9)

EU、MetaにもDMA(デジタル市場法)違反の「予備的な異議告知」
EUの欧州委員会は、6月のAppleに続けてMetaもDMA(デジタル市場法)に違反している可能性があるという予備的見解を発表した。Metaが昨年11月から欧州で展開している広告モデルがユーザーに二者択一を迫っているとしている。(2024/7/2)

EU、Microsoftに独禁法違反の「予備的な異議告知」 Teamsの365バンドルで
EUの欧州委員会は、Microsoftがオンライン会議用アプリ「Teams」の提供をめぐり独禁法に違反したとする予備的な異議告知を送ったと発表した。Microsoftには懸念に回答する機会が与えられている。(2024/6/26)

EU、AppleにDMA(デジタル市場法)違反の「予備的な異議告知」 新たな違反調査も
欧州委員会は、Appleがアプリストアのルールでデジタル市場法に違反している可能性があるという「予備的な異議告知」を送ったと発表した。また、Appleが提示した新たなルールについての調査も開始した。(2024/6/25)

Microsoft Azureの成長は“不正”なのか本物か【後編】
Microsoftへの苦情「Azure以外のライセンス料が不当に高い」の真相
英国競争市場庁には「Microsoftが同社ソフトウェアのライセンス体系を反競争的に設定している」という報告が寄せられている。それは本当なのか。Microsoftの反論は。(2024/6/24)

米司法省、Adobeを提訴 解約困難なサブスクリプションで
米司法省は、Adobeが一連のサブスクで解約を困難にしているとして提訴した。「年間プラン月々払い」を最初の1年以内に解約すると数百ドルの解約料がかかることを明示していないと主張。Adobeは「法廷で反論する」としている。(2024/6/18)

「顔面めっちゃディスられて」アイドルが公開した自撮り写真に反響、誹謗中傷も 本人の訴えが議論呼ぶ展開に「“正しい批判”なの?」
黒乃さんはX上で“反論”。(2024/6/6)

光上せあら、子の“公園水道遊び”が「迷惑行為」と批判も…… 語気荒げ猛反論「子供は国で育てる!」「これが日本に必要な姿なんだよ!」
ユーザーと激論。(2024/5/31)

「美人女子大生も大歓迎!!」「初体験遅れてる」広告にセクハラ批判 不動産会社が取材に「反論の余地はございません」と謝罪
同社に背景について取材しました。(2024/4/16)

「意地悪ベンチ」報道に新宿区長反論 「30年前から近隣住民の要望を受けてこの形状」「苦情はありません」
ベンチの形が露骨な行政の悪意だと批判が寄せられたとの記事を受けて。(2024/3/29)

開発プロジェクトを中止したメーカーも:
SiCへの移行は加速するのか? コストと持続可能性への疑問
アジア太平洋経済協力会議(APEC)のカンファレンスプログラムにて、WolfspeedのCEO(最高経営責任者)であるGregg Lowe氏が「SiC(炭化ケイ素)への移行は止められない」と語った。一方、Power Integrationsの会長兼CEOであるBalu Balakrishnan氏は「SiCがSi(シリコン)ほど高い費用対効果を実現することはない」と異議を唱えた。(2024/3/28)

プロデューサー「共演者とセックスして」 シャロン・ストーンの実名告白に相手俳優が反論「まだ僕が好きなの?」
荒波ををくぐりぬけてきたシャロン。(2024/3/14)

小寺信良のIT大作戦:
「AIがあればプログラミングは勉強しなくていい」は本当か? 現実的な反論を試みる
今教育界で話題になっているのが、「AIがあればプログラミングは勉強しなくていいのでは?」という子供達の疑問について、いかに納得する反論ができるか、という事である。この質問をAIに投げてみると、(2024/3/14)

努力できない人は「『努力したくない人』なだけ」 “ビリギャル”小林さやか氏の投稿が波紋…… 本人は反論「別に責めてない」
努力をめぐる意見が議論に。(2024/3/12)

週末の「気になるニュース」一気読み!:
AppleがEpic Gamesの開発者アカウントを停止 Epicが反論/「Microsoft Copilot」の2月アップデートまとめ公開
うっかり見逃していたけれど、ちょっと気になる――そんなニュースを週末に“一気読み”する連載。今回は、3月3日週を中心に公開された主なニュースを一気にチェックしましょう!(2024/3/10)

米OpenAI、“イーロン・マスク氏の訴訟”に反論 メール文面も公開 “Open”の意味も明らかに
米OpenAIは、米国の実業家であるイーロン・マスク氏の訴訟を巡る件について、反論するブログ記事を公開した。マスク氏がOpenAIに在籍していたころにやりとりしたという、メールの文面などを公開している。(2024/3/6)

松本人志の飲み会巡る報道にセクシー女優が言及 「たむけんタイム」に猛反論 「私も黙ってられない」
「普通にむっちゃ楽しい飲み会でした」と訴えています。(2024/3/4)

Marketing Dive:
GoogleがIABのプライバシーサンドボックス批判に猛反論 完全論破へ42ページのレポートを公開
Googleは、米インタラクティブ広告協会から寄せられた批判について「多くの誤解と不正確さが見られる」と反論している。その詳細について、追加説明があった。(2024/2/29)

DeNA、ダイヤモンド社に法的措置へ “子会社で個人情報の目的外利用”報道を否定 「事実ではない」
当社グループが医療データを目的外に利用し、個人情報保護法に違反した事実は一切ない──DeNAはそんな声明を発表した。これは、経済メディア「ダイヤモンド・オンライン」の記事に対して反論するもので、DeNAはダイヤモンド社に法的措置をとるとしている。(2024/2/28)

「ずっと手を触って」「強烈な口説きが」 グラドル、元K-1王者のセクハラ行為を“告発”→反論しバトルに 「引っ込んどけよロバは」謎の容姿罵倒で流れ弾も
「『俺はあそこがデカい』とか大きな声で言ってた」【追記あり】(2024/2/27)

退所後に暴れる元ジャニJr.が“彼女公表”でまたも物議 「退社したら何言ってもいいと」の声に、本人サイドは“反省し生まれ変わった”と反論
無敵になってる。(2024/2/14)

31歳年の差ベッドシーンに「気持ち悪い」 「ウェンズデー」ヒロインの最新作に不快感噴出、話題職“親密コーディネーター”は反論
何かと幼いイメージのあるジェナ。(2024/2/9)

木下優樹菜、“娘の悪口公開”との批判に反論「子育てのリアルを伝えただけ」 悪意ある指摘には「必死すぎでしょ」
次女「ママが悪口言うわけないもん」(2024/2/1)

「どういう工程で進めていくのか誰も分からない」 川勝知事、リニア問題でJR東海の指摘に反論
静岡県の川勝平太知事は29日の定例記者会見で、リニア中央新幹線をめぐる発言に事実誤認があるとのJR東海の指摘に対し「勝手にそうしたことを発言しているのではなく、そう考えられるということを言っている」と反論した。(2024/1/29)

登録者数90万人超え配信者・みけねこ、元夫・まふまふの“モラハラ告発”に反論 浮気は否定も誹謗中傷は認める「精神的に追い詰められ」
現在裁判中の2人。(2024/1/29)

「誤った情報の拡散やめて」 JR東海、リニア静岡工区問題で川勝知事発言に反論
リニア中央新幹線静岡工区問題を巡り、JR東海は24日、着工を認めない川勝平太静岡県知事による「誤った情報」を基にした報道が多くみられるとして、メディア向けの説明会を開いた。川勝氏が主張する部分開業案について、品川−名古屋間の早期開業には「部分開業ではなく、静岡工区に一日でも早く着工することが重要」と反論した。(2024/1/25)

“フェラーリ女子”YouTuber、愛車事故でドラレコ映像“非公開”→3日後に180度の前言撤回 “日本の闇”&開示請求にも言及
言いがかりコメントに一つ一つ反論しています。(2024/1/22)

8カ月で娘を亡くした元サッカー選手、第2子誕生を公表も命名に“違和感”訴えられ反論 亡き娘と同じミドルネームになった理由明かす
現在は娘の名前を冠した団体で病児を支援しています。(2024/1/19)

ChatGPTを手掛けるAIベンダーの主張
OpenAIは「フェアユース」と反論 米紙のAI著作権侵害訴訟の行方は?
日刊紙を発行するThe New York TimesがOpenAIを著作権侵害で提訴したことに対し、OpenAIはブログで反論した。その主張はどのようなものなのか。(2024/1/11)

OpenAI、New York Timesによる著作権侵害提訴は「法的根拠なし」と公式ブログで反論
OpenAIは、昨年12月にNew York Timesが同社とMicrosoftを著作権侵害で提訴したことについて「法的根拠がない」と公式ブログで主張した。AIモデルのトレーニングはフェアユースだというこれまでの主張を繰り返した。(2024/1/9)

プレミアムコンテンツ:
メインフレームの寡黙な担当者がクラウドに「ノー」を宣告
メインフレームを深く知る担当者は、メインフレームの価値をわざわざ主張しない。ただし根拠のないメインフレーム批判に対しては別だ。寡黙なメインフレーム担当者による“本気の反論“とは。(2024/1/9)

Cybersecurity Dive:
「異議あり!」 SolarWindsとそのCISOが詐欺容疑で告発されるも反論
訴状によると、SolarWindsはサイバーセキュリティの実践に関して誤った情報を投資家に提供し、既知のリスクを開示しなかったとされている。(2023/12/2)

ビヨンセ“白人化”批判に母親「負け犬どもにはもううんざり」 猛反論も、ダブスタ指摘する声も
娘には相談せず独断で投稿したとのこと。(2023/11/29)

80年代のスター、ブリジット・ニールセン 60歳で5歳長女の子育て真っ最中 “年取りすぎ”批判に反論「デ・ニーロは79歳でパパに」
肩車も楽々。(2023/11/24)

NTT広報室のX(Twitter)の“反論”は「NTTとしての公式見解」 なぜSNSで返信? ワケを聞いた
楽天モバイルの三木谷浩史会長のX上でのNTT法の在り方についての投稿に対し、NTT広報室の公式アカウント(@NTTPR)が反論した件について、NTTは「(一連の投稿は)NTTとしての公式見解でございます」とITmedia NEWSの取材に回答した。(2023/11/17)

「ナンセンスな話」 NTT公式Xアカウント、楽天・三木谷社長に反論 “レスバ”に「珍しい」と驚く声
「NTT法廃止は最悪の愚策」とする楽天の三木谷社長に、NTT公式アカウントが「ナンセンス」と反論。(2023/11/17)

NTTと通信3社がSNSで激論 NTT広報室「KDDIもソフトバンクも公社時代の資産受け継いでいる」
「NTT法」の見直しを巡り、NTTと通信3社(KDDI、ソフトバンク、楽天モバイル)の対立が激しさを増しているが、その舞台はSNSにも広がったようだ。通信3社のトップがNTT法廃止に反対する旨をX(旧Twitter)に11月14日ごろから次々と投稿。17日になってNTT広報室のX公式アカウントがそれに反論した。(2023/11/17)

NTT広報室が楽天・三木谷氏の発言に「ナンセンス」と反論 その理由は?
NTT(日本電信電話)の広報室の公式Xアカウントが、楽天モバイルの三木谷浩史会長(楽天グループ社長)の投稿に対して“反論”を行った。どのような反論をしたのか、その概要を記す。(2023/11/17)

産後4カ月の宮崎麗果、“太った”の声に現在の体重明かし反論「大事なのは健康」「自分自身を労ってあげて」
悩み傷ついている人がたくさんいると発信。(2023/11/16)

「電気通信事業法の改正ではNTTは規制できない」 KDDI、ソフトバンク、楽天モバイルがNTTの主張に再反論
KDDI、ソフトバンク、楽天モバイルの3社が、NTTが11月7日に発表した「NTT法のあり方についての考え」についての見解を発表した。NTTは電気通信事業法で規制ができるとのスタンスだが、3社は「現実的ではない」と反論。ユニバーサルサービス(電話サービス)の考え方についても食い違いが見られる。(2023/11/14)

割烹オープンの「BreakingDown」こめお、料理中の“スマートウォッチ着用”指摘に反論 「馬鹿が」「この先も使い倒します」
通常のストップウォッチは「空間のデザインの阻害要因」とこめおさん。(2023/11/12)

“1億円超えシャンパンタワー”披露の元No.1キャバ嬢ひめか、納税めぐる“疑念の声”に反論 「悔しい」「まじでかなり多額を払ってる」
巨大なシャンパンタワーも話題に。(2023/11/9)

割烹オープンの「BreakingDown」こめお、越前ガニ2万円コースへの指摘に反論「美味しいもんはそれだけ高えんだよ」
カニおいしそう。(2023/11/9)

NTT島田社長、他社の“NTT法廃止反対”について「誤解がある」と反論 「世界では20年前に終わっている議論」
NTT島田明社長が、NTT法の見直しについて、決算会見で改めてコメントした。公正競争の規制は、電気通信事業法でも規定されており、必要ならNTT法の規制を電気通信事業法に統合すればいいという考えは変わらない。競合他社の意見については「誤解がある」点も指摘した。(2023/11/7)

NTT法を巡る議論 「NTTの見解」にKDDI、ソフトバンク、楽天モバイルが反論 「口約束に保証はない」
KDDI、ソフトバンク、楽天モバイルの3社が、NTTが発表した「NTT法のあり方についての考え」について反論。NTTは「公正競争はNTT法ではなく、電気通信事業法で規定されている」と述べるが、3社は、競争は電気通信事業法とNTT法の両輪で機能すると反論。不採算エリアで電話サービスが提供されなくなる恐れも指摘した。(2023/11/1)

「スカートはないわ」「常識無視の番組でびっくり」 山下リオ、登山中の服装批判巡って反論「私が叩かれているようですが」
登山が趣味の山下さん。(2023/10/23)

「大の男がなぜ14歳の少女に」 大物ラッパー、有名子役と育んだ友情を“グルーミング”批判され新曲でついに反論
胃に問題を抱えていることも発表。(2023/10/11)

ジャニーズ事務所、報道へのコメント全文をWeb公開 「NGリスト問題」など
ジャニーズ事務所は10月5日、記者会見での「指名NG記者リスト」の存在をめぐる報道などについて、反論するコメント全文を、Webサイトで公開した。(2023/10/5)

“気持ち悪い”“長袖を着ろ” 乙武洋匡、メディア出演時に受ける心ない声に反論「これが俺の身体」「知ったこっちゃない」
「これからも、この身体で生きていく」(2023/9/21)

AK-69、新型アルファードの“日本最速納車”で宣伝疑われる→「ただの上客」「普通に買ってるだけ」と反論アンサー
紹介の仕方がプロすぎる。(2023/9/8)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。