ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「東京」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「東京」に関する情報が集まったページです。

東大図書館など1300施設が使う蔵書検索システムが36年ぶりに刷新 電子資料に対応
国立情報学研究所(NII)は6月17日、東京大学総合図書館など全国1336施設が利用する蔵書検索システムを刷新すると発表した。1985年の運用開始以来、初めてシステムを更新し、電子化された資料にも対応するという。(2021/6/17)

エリア内、定額乗り放題「mobi」受付開始 AI活用で効率よく目的地へ
旅行代理店を営むWILLERは6月17日より、月額定額料金で家族が乗り放題となるAIシェアリングモビリティサービス「mobi」の登録受付を開始した。第一弾は6月30日より京丹後市(京都府)、7月1日より渋谷区(東京都)にて運行開始する。(2021/6/17)

東京都がデジタル人材を募集 高校生含む非常勤職員らで採用サイトを内製化
東京都デジタルサービス局は都庁内のDX推進に向け、6月15日からデジタル人材の公募を始めた。任用期間は2021年10月1日から2023年3月31日まで。最長5年まで任期を延長できる。公募に当たっては、採用サイトを高校生を含む非常勤職員で内製化したという。(2021/6/16)

日本郵便、23年にドローン配送実用化 開発会社に30億円出資
日本郵便はドローンによる配送サービスの実用化に向け、国産ドローンの開発を手掛ける自立制御システム研究所(ACSL、東京都江戸川区)と日本郵政キャピタル(東京都千代田区)と業務提携を結んだと発表した。(2021/6/16)

SFチックな工場向け無人搬送ロボ 東大発AIベンチャーが開発
東大発のAIベンチャーTRUST SMITH(東京都文京区)は6月15日、工場向け無人搬送ロボット(以下AGV)を開発したと発表した。緑のラインが入った黒い板のような見た目で、縦横1m前後のパレットに荷物を載せて運搬できる。(2021/6/16)

「侍ジャパン」東京五輪内定24選手発表、ファンからは「現時点では妥当な選出」「概ね予想通り」と様々な声も
稲葉篤紀監督「目標は金メダル」(2021/6/16)

コロナワクチンの大規模接種、18歳以上もLINEとWebで予約可能に きょうから、居住地問わず
防衛省と自衛隊は、東京と大阪に設置する新型コロナワクチンの大規模接種会場について、17日接種分から18歳以上も接種対象とすると発表。16日午前0時からWebとLINE経由で予約を始めた。(2021/6/16)

米陸上選手「ドーピングに引っ掛かったのはブリトーのせい」 4年の出場禁止処分に反論、東京オリンピックの有力候補
髪の毛からは検出されず。(2021/6/16)

独投稿数などをもとに選定:
2021年上半期「インスタ流行語大賞」 3位「骨格タイプ」、2位「お疲れサマンサ」、1位は?
マーケティング支援を手掛けるパスチャー(東京都港区)が「2021年上半期インスタ流行語大賞」を発表した。1位を獲得したのは?(2021/6/16)

JCBとpring、「スマホアプリを通じ加盟店へカード売上支払い」7月1日より実証実験開始
ジェーシービーと送金アプリ「pring」(プリン)を展開するpring(東京都港区)は7月1日より、JCBから加盟店へスマートフォンアプリを通じて売上金の支払いを行う実証実験を開始する。(2021/6/16)

「システム障害、ネットニュースで把握」みずほ頭取
みずほフィナンシャルグループ(FG)の坂井辰史社長とみずほ銀行の藤原弘治頭取らは15日午後、東京都内で記者会見を開いた。藤原頭取は2月28日午前に発生したシステム障害について同日午後1時半ごろインターネットのニュースで知ったことを明らかにし、「組織的な反省点」だと認めた。記者会見での主なやり取りは次の通り。(2021/6/16)

360度評価は廃止、成果主義を徹底:
なぜ? ジョブ型とメンバーシップ型を「併用」──スタートアップだからこそ“時代を見据えた”制度設計
ジョブ型雇用と、メンバーシップ型雇用は、対立構造で語られることが多い。しかし、これらを併用している企業がある。「くらしのマーケット」を運営する、みんなのマーケット(東京都渋谷区)だ。その理由とは?(2021/6/16)

黒川紀章の代表作:
“ビジネスマンの隠れ家”はやはり 「中銀カプセルタワー」解体へ 
建築家の故・黒川紀章氏の代表作として世界的に知られる、東京・銀座の「中銀(なかぎん)カプセルタワービル」。この春、解体・建て替えを計画する不動産業者に売却が決まり、2022年3月以降に解体される予定だ。(2021/6/15)

杉並区、被虐待児の出欠確認アプリをノーコード開発 早期発見に活用
東京都杉並区がノーコード開発ツール「kintone」を活用し、虐待を受けているとみられる児童の保育園や学校における出欠状況を自動集計するアプリを開発した。まずは区立保育園37カ所で導入。私立保育園や学校にも導入を進める。(2021/6/15)

AI・人工知能EXPO:
DXの差を生むディープラーニングの使いこなし方、人材育成が鍵に
「第5回 AI・人工知能EXPO 春」の技術セミナーに、東京大学大学院 工学系研究科 教授の松尾豊氏が登壇。DXが求められる中で、AIやディープラーニングの活用事例を披露した他、コロナが社会を変えつつある時代において、AIとディープラーニングがどのように社会や産業を変えるのか、AIの未来について解説した。(2021/6/15)

産業動向:
清水建設らが新たな建設物流システムを開発、第1弾は19社と協力し10現場で展開
清水建設は、都心の建築工事現場で物流を効率化するために、日立物流の協力を得て、清水建設と協力会社の物流関連コストを削減する建設物流システム「シミズ・スマート・ロジ」を開発し、2021年4月に東京支店傘下の現場で展開を開始した。第1弾は、大型現場を含む10現場と協力会社19社の参加でスタートし、徐々に対象現場と対象資材を拡大し、2年以内に清水建設東京支店での本格運用を目指す。(2021/6/15)

タイムアウト東京のオススメ:
台湾レトロな味を再現した軽食店、合作社が新宿にオープン
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2021/6/15)

“アバター化”したコンシェルジュがリモートで観光案内 9月まで都庁内などで実証実験
パナソニック システムソリューションズ ジャパン(東京都中央区)が、遠隔地にいるコンシェルジュが操作するアバターで利用者に観光情報を案内するサービスの実証実験を、9月まで東京都庁内などで行うと発表。(2021/6/14)

ポケモンのマンホールふた、国立科学博物館と東京国立博物館に設置 「よく似た作品が展示室の中にいるかも」
国立科学博物館と東京国立博物館は6月14日、「ポケットモンスター」シリーズのキャラクターを描いたマンホールふた「ポケふた」を設置したと発表しました。(2021/6/14)

日本企業の約4割がSaaS利用 ガートナー「クラウドは普及・拡大フェーズ」
日本企業のクラウド利用はコロナ禍前に比べて拡大している――こんな傾向が、IT調査会社ガートナー ジャパン(東京都港区)の調査で分かった。同社は背景としてAmazonなど米大手企業がクラウド導入を宣伝したことなどを挙げた。(2021/6/14)

女子バスケ渡嘉敷来夢、新シーズンもENEOSでのプレー続行へ 「まずは復帰を目指し自分らしく日々全力で」
2020年12月の皇后杯で右膝前十字靱帯を断裂し東京五輪出場を断念していました。(2021/6/14)

障害者の就労支援、オンラインで活況
2020年度、LITALICO(東京都目黒区)が運営する障害者のための就労移行支援事業所「LITALICOワークス」を利用した就職者数は1302人と、コロナ禍であるにもかかわらず前年度を上回っていた。また就職後6カ月間の定着率も90%と前年度を上回っていたことが分かった。(2021/6/14)

既存ファンがリピートしていなかった……!:
イベント運営は“肌感覚”から脱却できるか? 「ファンの分析」が秘める可能性
イベントの顧客分析は難しい。例えばライブに参加する際、A社でチケットを買い、B社で配信映像を視聴し、グッズはC社のサイトで購入する──というように、複数の企業がかかわり、データをばらばらに持っているからだ。この現状を変えようと取り組む、バルス(東京都千代田区)のCEO、林範和氏に話を聞いた。(2021/6/14)

GitHubなどを分析して判明:
オンラインコミュニティーの中心メンバーの役割は「質の向上」。周辺メンバーの役割は? 東京大学
東京大学大学院総合文化研究科の楊鯤昊氏らの研究チームは、オンラインコミュニティーの参加者がネットワーク内での立ち位置に応じて異なる役割を担い、創作物の量と質に対して異なる影響を与えていることを明らかにした。(2021/6/14)

専門家は東京のリバウンド懸念:
緊急事態宣言は20日に解除されるのか 飲食業界からは「もう無理」
東京、大阪など10都道府県に発令中の新型コロナウイルス緊急事態宣言について、20日の期限通りに解除される公算が大きくなったと11日付の産経新聞が報じた。政府は来週後半に解除の可否を検討するが、難しい判断を迫られる。(2021/6/12)

東芝テックで情報流出 欧州の現地法人がランサムウェアの被害に
POSレジスターなどを手掛ける東芝テック(東京都品川区)は、欧州の現地法人のサーバが5月4日に受けたランサムウェアの被害について、情報の流出を確認したと発表した。10日時点で欧州以外の地域での情報流出や、顧客情報の流出は確認されていない。(2021/6/11)

ストレスチェックツール「HoPEサーベイ」提供開始、人材の密着度や生産性も可視化
医療情報サービスなどを提供する保健同人社(東京都港区)は6月10日、ストレスチェック義務化に対応するストレスチェックツール「HoPEサーベイ」のサービスの提供を開始した。(2021/6/11)

導入事例:
無人ホテルの受付をアバターに、人件費を75%削減する実証実験がスタート
SQUEEZEは、運営する小規模無人スマートホテルの顧客満足度を高めるとともに、水光熱費を削減するため、パナソニックシステムデザイン製の遠隔コミュニケーションシステム「AttendStation」とパナソニック製の電力モニタリング兼遠隔コントロールシステム「AiSEG 2」を用いた実証実験を東京都大田区西蒲田の無人ホテル「Minn 蒲田」で開始した。(2021/6/11)

危険な“風景”:
現在はテレワーク特需だが、コロナ後の住宅市場はどうなる
東京都心とその周辺では住宅が良く売れている。特に新築の戸建てと中古マンションの動きがいい。価格も上がり気味ではあるが、上昇幅はそれほどでもない。バブル的な値上がりではないようにうかがえる。(2021/6/10)

飲食サービス業が招く空洞化 雇用消え日本経済は「下方屈折」
 東京都などへの緊急事態宣言が20日まで延長され、4〜6月期の国内総生産(GDP)が2期連続のマイナス成長になる可能性が高まってきた。問題は飲食業を中心にした対面型サービス企業が持ちこたえることができず、この分野の雇用が「空洞化」する危険性が出てきたことだ。(2021/6/10)

「DXの推進の一助となることを期待している」:
無償で利用できる「数理、データサイエンス、AI」の教材を公開 東京大学
東京大学の数理・情報教育研究センターは「数理・データサイエンス・AIモデルカリキュラム」に準拠した教材の無償公開を開始した。クリエイティブ・コモンズ・ライセンス(CC BY-NC-SA)で利用できる。(2021/6/10)

災害対策も充実:
旧九段会館が次世代型オフィスに 「オールジェンダートイレ」や「仮眠室」を整備
旧九段会館(東京都千代田区)を一部保存しながら建て替える「(仮称)九段南一丁目プロジェクト」の概要が明らかになった。健康と安心安全がテーマ。(2021/6/9)

量子コンピュータ:
東大とIBMが産学連携を加速する量子コンピュータ研究施設を設立
東京大学と日本IBMは2021年6月7日、量子コンピュータ技術の研究開発を行うハードウェアのテストセンターとして「The University of Tokyo - IBM Quantum Hardware Test Center≫」を東京大学 浅野キャンパス内(東京都文京区)に開設したことを発表した。(2021/6/9)

東大とIBM、量子コンピュータの研究開発に向けたハードウェアテストセンターを開設
東京大学と日本IBMは、量子コンピュータ技術の研究や開発に向けたハードウェアテストセンター「The University of Tokyo - IBM Quantum Hardware Test Center」を東京大学の浅野キャンパスに開設した。どのような研究開発を進めるのだろうか。(2021/6/9)

HZO強誘電体を4nmまで薄膜化:
東京大ら、低電圧で長寿命の強誘電体メモリを開発
東京大学は富士通セミコンダクターメモリソリューションと共同で、1V以下という極めて低い動作電圧で、100兆回の書き換え回数を可能にした「ハフニア系強誘電体メモリ」を開発した。(2021/6/9)

都内300部屋使い放題、月2万4800円の「セカンドハウスプラン」登場 限定1000人から
おぉぉー、毎日違う部屋を使える……!(2021/6/8)

月2万4800円で都内300部屋を使い放題プラン、1000人限定で提供開始 テレワーク需要狙う
都内300部屋が使い放題になる多拠点セカンドハウスサービス「テレスペ セカンドハウスプラン」の提供を開始。価格は先着1000人限定で月額2万4800円(税込)。ビジネス的な狙いは?(2021/6/8)

製造マネジメントニュース:
「DX銘柄2021」グランプリに日立、Lumada事業が高評価
経済産業省は2021年6月7日、東京証券取引所と共同で「DX銘柄」を選定し、「DX銘柄2021」の選定企業28社と「DX注目企業2021」20社を発表した。さらに、新型コロナウイルス感染症の影響に対する優れたデジタル対応の取り組みを実施した企業として「デジタル×コロナ対策企業」を11社選定した。(2021/6/8)

メカ設計メルマガ 編集後記:
モノづくり視点で考える東京2020大会、日の目を見るもの・見ないもの
やる前提にせよ、開催の在り方によってはお蔵入りになるモノもありそうな……。(2021/6/8)

タイムアウト東京のオススメ:
銀座のオアシスでコワーキング、無料で利用できるキリコテラスとは
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2021/6/8)

社員のワクチン接種や副反応を自社のノーコードアプリで管理 アステリア
ソフトウェアの開発や販売を手掛けるアステリア(東京都品川区)は自社のノーコード開発ツールで作ったスマホアプリで全社員80人の接種状況や副反応を管理すると発表。副反応が出た場合はアプリ上で休暇を申請できるという。(2021/6/7)

IBM、研究用量子コンピュータを東大キャンパス内に設置 研究施設もオープン
日本アイ・ビー・エムが、東京大学浅野キャンパス(東京都文京区)に量子コンピュータ技術のハードウェアに関する研究や開発を行うテストセンターを開設したと発表。日本国内での研究開発の促進や人材育成を狙う。(2021/6/7)

体操・白井健三選手、東京五輪に「行けないことが不正解ではない」 代表逃すも「久しぶりに試合でこんなに笑いました」
自身の気持ちをつづった投稿に、すてきな笑顔の写真を添えています。(2021/6/7)

東京ディズニーシー20周年イベント「タイム・トゥ・シャイン!」開催 輝くコスチュームのミッキーと仲間たちがパークに登場
スペシャルグッズやメニューも豊富です。(2021/6/7)

3Dプリンタニュース:
使用済みプラスチックが東京2020大会の表彰台に、製造は3Dプリンタで
東京2020組織委員会は、東京オリンピック・パラリンピックの表彰式で使用する表彰台、楽曲、衣装、メダルトレイを発表した。表彰台は“オリンピック・パラリンピック史上初の試み”として、消費者から回収した使用済みプラスチックを再生利用し、3Dプリンタで製作された。(2021/6/7)

デジタルツイン:
鹿島がBIMとリンクするデジタルツイン基盤を構築、部材ごとの施工進捗率も把握可能
鹿島建設は、ピクシーダストテクノロジーズと共同で、着工前に作成するBIMと施工中の建設現場に設置したセンサー及びデバイスから取得する空間データを一元管理するクラウド上のデータベース「鹿島ミラードコンストラクション」を開発した。既に、鹿島ミラードコンストラクションを都内の現場に導入し、レーザースキャナーやToFセンサー、Webカメラによる空間データの継続取得を行っている。得られた空間データは、日々変化する建設現場を映し出すデジタルツインとして、施工管理、遠隔管理、自動搬送ロボットに活用していく。(2021/6/7)

NEC、本社など4カ所で社員1万人にワクチン優先接種へ 政府の“職域接種”に協力
NECはグループ社員や協力会社の一部の社員、計1万人を対象に新型コロナワクチンを優先的に接種すると発表した。本社(東京都港区)や関西支社(大阪市中央区)、玉川事業場(神奈川県川崎市)、府中事業場(東京都府中市)の会議室などで、常駐する産業医や看護師が社員に接種する。(2021/6/4)

上野動物園、5GとAIで混雑度を可視化した「混雑マップ」 KDDI協力
恩賜上野動物園を運営する東京動物園協会は、KDDIとともに、5GとAIカメラを使って園内の混雑度を可視化する「上野動物園混雑マップ」を公式サイト「東京ズーネット」で公開した。(2021/6/4)

五条悟の“等身大フィギュア”も 入場特典は学生証 「アニメ呪術廻戦展」渋谷で夏開催
アニメ呪術廻戦の世界を追体験できる展示会が東京・渋谷で7月2日から。五条悟のオリジナル等身大フィギュアも展示する。(2021/6/4)

Tencentのクラウドがデータセンター増強 東京、香港、バンコク、フランクフルトの4都市にアベイラビリティーゾーン追加
中国Tencent傘下のTencent Cloudが、東京、香港、バンコク、フランクフルトの4都市にデータセンターを新設したと発表した。(2021/6/3)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。