連載
» 2012年03月29日 15時45分 UPDATE

あなたの不安、見積もります:ATOK Padのタグ連携機能が便利!

Evernoteに複数のノートブックを持っている場合、ノートブックとノートを絞り込んだ上でiPhoneから閲覧できる「ATOK Pad」はビューワーとして大変便利です。

[佐々木正悟,Business Media 誠]

 最近Androidを触らせてもらう機会が度々あって、ちょっとうらやましくなりました。Evernoteの動作が速いのです。OSのバージョンや機種にもよりますが、私が触った機種はいずれも動作が高速で、Evernoteの専用機としてAndroidを持つことを検討してしまったほどです。

 とはいえiPhoneは手放せません。とすると、iPhoneからEvernoteへの入力は「Fastever」や「ifttt」(EvernoteやTwitterなどの各種サービスを連係させるオンラインサービス)のお世話になればいいとして、問題はビューワーです。

 現在は依然として「withEver」(公式より高速にEvernote内のノートを検索できるアプリ)を使っています。しかし最近、テキスト情報の閲覧に限っては「ATOK Pad for iPhone」(ATOK Pad)でいくことにしています。理由は、Evernoteのタグとも連携できて便利だからです。


shk_sasa01.jpg

 iPhoneからEvernoteをチェックする場合、問題になりやすいのは、速度と、狭い画面でタグを分類しなくてはならないことの2点です。Evernoteに使っていないタグをたくさん置いている自分がいけないのですが、今さら全部を整理する気にはなりません。

 ATOK Padなら、両方の問題が解消できます。同期も表示速度もそこそこ速く、使っていないタグは表示しないようにできるし、タグの階層関係も示してくれるからです。

 つまり、ATOK Padは最初からATOK Padというノートブックのみフィルタリング表示し、さらにその中でタグもフィルタリングした状態で表示するわけです。ノートブックとノートを絞り込んだ上でiPhoneから操作したい私のような人には、うれしい仕様です。

 私は現在、Evernoteに1万3000件のノートがありますが、ATOK Padには772件しかありません。しかしこの772件は、全て外出先で使う可能性のあるノートです。772件のノートだけをiPhoneで同期し、そのノートに付いているタグだけに絞り込めるのは非常に合理的です。

shk_sasa02.jpg

 これはタグによって絞り込んだところです。ブログ「ライフハック心理学」用のネタ帳ですが、79件のノートが待たされずに表示されます。このくらい、タグを事前にあれこれ設定せずとも使いこなせるのはありがたいことです。

 私がATOK Padに入れているのは、全て「これから使う可能性のあるノート」です。本で書くためのネタもあれば、セミナーなどの開催情報もあります。代わりに、ライフログは全部ここから追い出しています(今やっているEvernoteの整理はこの作業がほとんどです)。自分のライフログの中身を打ち合わせで話題にしたり、iPhoneから急いでチェックしなければならない事態はおそらくないだろうと思うからです。


『記録するだけでうまくいく』のご紹介

記録するだけでうまくいく

 「領収書をすぐ失くしてしまう」「ランニングはいつも三日坊主」「仕事の段取りが苦手」「読んだ本の内容が思い出せない」「ダイエットが続けられない」――。そんな日々のモヤモヤも、ライフログをつければ全て解決できます。そんなライフログの付け方を学べるのが本書『記録するだけでうまくいく』です。

 ライフログとは、自分の毎日の仕事や生活、行動を記録すること。スマートフォンの普及とともに、近年急速に広まっています。「なんでも記録するのって大変そうだけど、何の役に立つの?」。そう思う人もいるかもしれません。

 確かに、紙のノートに1円単位で収支を記録したり、ありとあらゆる写真を撮ったり、アルバムに整理したりするとなれば、膨大な時間とお金が必要です。しかし、スマートフォンがある今、写真はその場で撮ればOK。整理といっても「タグ付け」や「クラウドにアップロード」するだけなのです。

 ライフログとは記憶のバックアップ。「体験を再生できる」「記憶力が良くなる」「仕事に役立つ」「習慣を作り、自分の成長につながる」「体験を共有できる」「整理できる」――。今まで仕事や生活に役立つとされてきた断片的な記録をトータルにバックアップしてくれるもの、それがライフログなのです。スマートフォンをお持ちなら、今日からでもライフログを始められますよ。

筆者:佐々木正悟

ts_shogo_sasaki.jpg

 心理学ジャーナリスト。専門は認知心理学。1973年北海道生まれ。1997年獨協大学卒業後、ドコモサービスに派遣社員として入社。2001年アヴィラ大学心理学科に留学。同大学卒業後、2004年ネバダ州立大学リノ校・実験心理科博士課程に移籍。2005年に帰国。著書に、『スピードハックス』『チームハックス』のほか『ブレインハックス』、『一瞬で「やる気」がでる脳のつくり方』、『やる気ハックス』などがある。「シゴタノ!−仕事を楽しくする研究日誌」にて「心理ハック」を連載中。ブログ「ライフハックス心理学」主宰。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -