連載
» 2008年10月11日 00時00分 公開

スーパーユーザーのためのWindowsコマンド再入門:replace――ファイルの更新

GUI全盛の時代にあっても、コマンドラインが利用できれば便利な場面が多いのも事実だ。本連載では、スーパーユーザーを目指すあなたのためにWindowsのコマンドラインを1つずつ解説していく。今回はreplaceだ。

[嶋川裕馬,ITmedia]

replace――ファイルの更新

UNIX/Linuxでは「-」

 replaceコマンドは、2つのフォルダを比較し、異なったファイルを更新するコマンドだ。また、更新するだけではなく、更新先にしか存在しないファイルをコピーするといったこともできる。

オプション 使用例 詳細
更新元 更新先 replace c:\folder1 c:\folder2 更新先に存在するファイルを更新元のファイルをコピーし更新する
更新元 更新先 /u replace c:\folder1 c:\folder2 /u 更新先のフォルダを最新のファイルで更新し、更新元のファイルが更新先よりも古い場合は更新しない。使用例では、c:\folder2にあるファイルよりも新しいファイルのみをc:\folder1からコピーし更新する
更新元 更新先 /s replace c:\folder1 c:\folder2 /s サブフォルダも含めて更新する
更新元 更新先 /a replace c:\folder1 c:\folder2 /a 更新先に存在しないファイルのみ更新元から更新先にコピーする。ほかのオプションと違い「コピー」するという点に注意。使用例では、c:\folder2に存在しないファイルをc:\folder1からコピーする

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -