ニュース
» 2009年05月07日 15時09分 UPDATE

ビデオ会議システムは堅調:Cisco Systems、不況の影響で減収減益

Ciscoの2〜4月期決算は減収減益ではあったが、コスト削減に努める企業の需要を反映し、ビデオ会議システムなどの製品の売り上げが伸びた。

[ITmedia]

 米Cisco Systemsは5月6日、第3四半期(2〜4月期)の決算を発表した。売上高は前年同期比16.6%減の82億ドル、純利益は同20%減の13億ドル(1株当たり23セント)だった。

 製品別では、ルータが32%、スイッチが20%、先進技術が12%とそれぞれ売り上げが前年比で減少している中、サービスは9%増となった。これは、ビデオ会議ツールのWebExが18%、TelePresenceが138%伸びたことによる。

 ジョン・チェンバーズ会長兼CEOは、「厳しい世界経済の中、堅実な結果を出すことができた。当面はリソースの最適化や戦略的投資に取り組み、景気回復を待つ」と語った。

 第4四半期の売上高の見通しについては、チェンバース氏が電話会見で、前年同期比17〜20%の減少になると語った。

Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -