ニュース
» 2009年08月27日 08時48分 UPDATE

Windows 7を捨てて自由を:FSF、アンチWindows 7キャンペーンをスタート

Free Software Foundationが「Windows 7」の発売を前に、Microsoft、Apple、Adobeなどが販売するプロプライエタリなソフトウェアの罪を告発し、オープンソースソフトウェアの採用をユーザーに勧めるキャンペーンを開始した。

[ITmedia]
fsf

 PCユーザーがソフトウェアを自由に使用する権利を推進するFree Software Foundation(FSF)は8月26日、プロプライエタリなOSである米Microsoftの次期OS「Windows 7」の普及に反対し、無料OSを推進する反Windowsキャンペーン「Windows 7 Sins」を開始した。同日正午から、米マサチューセッツ州ボストンの公営公園ボストンコモンで立ち上げイベントを開催する。

 FSFは、Windows 7発売を契機に、企業や一般ユーザーにMicrosoft、Apple、Adobeなどが販売しているプロプライエタリなソフトウェアの危険性について注意を喚起したいとしている。このキャンペーンは、WindowsをはじめとするプロプライエタリなソフトウェアがPCユーザーに対して犯している「7つの大罪」を告発するという。7つの大罪とは、プライバシーの侵害、教育への悪影響、ユーザーの占有、標準の誤用、独占主義、DRM(デジタル権利管理)の強化、セキュリティの脅威としている。

 キャンペーンの一環として、FSFはFortune 500企業のうち、Microsoftを除く499社のCEOに対し、WindowsではなくGNU/LinuxのOSとOpenOffice.orgを採用するよう勧めるメールを送った。Microsoftにメールを送らなかったのは「Microsoftは聞く耳を持たないと思う」からだとしている。キャンペーンに賛同する人に対し、自分の所属する組織のIT決定権のある幹部に同じメールを送信することに協力するよう呼び掛けている。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -