ニュース
» 2009年10月01日 18時24分 公開

日本テラデータ、短期間でDWHを構築できるパッケージ製品を発売

日本テラデータは、ハードウェアとデータベース管理ソフト、各種サービスを組み合わせたパッケージ製品を発売した。データウェアハウスを短期間で構築できるとしている。

[ITmedia]

 日本テラデータは10月1日、ハードウェアとデータベース管理ソフト、各種サービスを組み合わせたパッケージ製品「Teradata Accelerate」を発売した。データウェアハウス(DWH)を短期間で構築できるのが特徴。対象となる企業の業種は金融、流通、通信、製造業などを想定している。

 同パッケージ製品は、データウェアハウスの導入や活用に必要な製品やサービスを定型化して提供することで、導入コストや導入期間を短縮。製品のラインアップは「Teradata Accelerate for Platform」および導入サービスを含む「Teradata Accelerate for Load and Go」の2種類を用意した。

 Teradata Accelerate for Platformは、Teradataが提供するサーバやストレージなどのハードウェア、Teradataのデータベースやビジネスインテリジェンスを含むソフトウェア、保守サービスを組み合わせたもの。Teradata製品を用いてデータウェアハウスを構築したことがある企業が、小規模なデータウェアハウスを構築するのに適している。価格は2450万円(税別)から。

 Teradata Accelerate for Load and Goは、Accelerate for Platformにデータロードやテーブル作成などの構築サービスを追加したもの。データウェアハウスを新たに構築する企業向けとしている。価格は2890万円(税別)から。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -