ニュース
» 2009年11月06日 17時27分 UPDATE

βは無料:IBM、Webアプリ開発・テスト向けクラウドサービスをβで開始

「IBM Rational Software Delivery Services for Cloud Computing β」は無料で利用できるクラウド上の開発・テスト環境だ。

[ITmedia]

 米IBMは11月5日、クラウド環境でのWebアプリケーション開発・テストを支援する2つのサービスを発表した。

 「IBM Rational Software Delivery Services for Cloud Computing」は、IBM Cloudの環境で開発・テストするためのライフサイクル管理ツール集で、これを利用することで顧客はテスト環境のプロビジョニングに費やす時間やコストなどを大幅に削減できるとしている。IBM Rational Software Delivery Services for Cloud Computingはパブリッククラウドだけでなく、顧客企業のファイアウォール内のプライベートクラウドにも対応する。

 「IBM Smart Business Development and Test on the IBM Cloud」のβ版は、ソフトウェア開発・テスト向けのパブリッククラウドで、サービスとしてコンピュータ性能、ストレージ、Rational Software Delivery Services、WebSphereおよびInformation Managementソフトウェアを提供する。新サービスはJava、オープンソース、.NETを含む複数の環境での開発をサポートする。β版はIBMのサイトに登録することにより、無料で利用できる。

ibm

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ