ニュース
» 2009年12月14日 15時40分 UPDATE

MySQLの生みの親が「OracleからMySQLを救って」と呼び掛け

欧州委員会がこのままOracleによるSunの買収を認めればMySQLの未来はないとして、マイケル・“モンティ”・ウィデニウス氏がコミュニティーに向けて嘆願メールの送信を呼び掛けている。

[ITmedia]

 MySQLの作成者であるマイケル・“モンティ”・ウィデニウス氏は12月12日、自身のブログで、MySQLを救うため欧州委員会に働き掛けるようオープンソースコミュニティーに呼び掛けた。

 米Oracleが4月20日に発表した米Sun Microsystemsの買収は、現在欧州委員会の承認を待っている段階。欧州委員会は、OracleがSunの買収によりオープンソースのデータベース最大手のMySQLを獲得することが、データベース市場における競争に悪影響を及ぼすことを懸念している。

 ウィデニウス氏は、欧州委員会をMySQLを守るための“最後の希望”であるとし、コミュニティーから委員会にMySQL保護を訴えるメールを送ることでMySQLの未来を救おうと呼び掛けている。ブログには送信先の欧州委員会のメールアドレスとメールの文例が用意されている。

 Oracleは再三、買収後はMySQLの開発にSunよりも多くの出資をするといった表明をしているが、ウィデニウス氏は「Oracleが過去に買収したInnoDBで行ったことをみれば、MySQLを正しく扱うとは思えない」としている。

 欧州委員会は2010年1月27日にOracleによるSunの買収を認可するかどうかの決定を下す予定だ。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ