ニュース
» 2010年03月25日 08時00分 UPDATE

「クラウドは最重要戦略」とマイクロソフト

マイクロソフトはクラウドを「最重要戦略」と位置付け、同事業への注力をアピール。米Microsoft ジャンフィリップ・クルトワ氏も「100%クラウドにコミットする」と強調する。

[藤村能光,ITmedia]
米Microsoft プレジデントのジャンフィリップ・クルトワ氏 米Microsoft プレジデントのジャンフィリップ・クルトワ氏

 「Microsoftは100%クラウドコンピューティングにコミットする」。米Microsoft プレジデントのジャンフィリップ・クルトワ氏は明言する。

 マイクロソフトは3月24日、クラウドコンピューティング事業を説明する記者会見を開催。樋口泰行社長も「社内でも最重要戦略と位置付けている」と口をそろえ、同社が持つクラウドの強みをアピールした。

 両氏はクラウド事業への注力ぶりを紹介。米Microsoftでは、ソフトウェア開発に従事する4万人の従業員の70%が、クラウド関連の技術開発やサービスの提供に参加。時間に換算すると、年間の90%をクラウド関連のプロジェクトに費やしているという。「クラウドがMicrosoftを活性化させ、Microsoftがクラウドを活性化させる」とクルトワ氏はクラウドへの取り組みに自信を見せる。


マイクロソフト 樋口泰行社長 マイクロソフト 樋口泰行社長

 日本法人の取り組みとして、樋口社長はパートナー企業との協業関係を強調する。3月18日に発表した富士ソフトとの協業を例に挙げ、「250社以上のクラウド(事業の)パートナー」とサービスを拡販していく体制を整備。グループウェアの機能をSaaS(サービスとしてのソフトウェア)で提供する「Business Productivity Online Suite(BPOS)」やクラウドの仕組みを取り入れたシステム構築のコンサルティングを軸に、企業向けクラウドサービスの拡充に努める。

 「われわれの優先課題はクラウドだ。PC、モバイル端末、テレビを(クラウドで)結ぶことができるのはMicrosoftだけ」とクルトワ氏。樋口社長も「2010年をクラウド元年」とし、全事業部門でクラウドに関連する業務を拡大していく意向を示した。



Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -