ニュース
» 2010年12月27日 16時10分 UPDATE

「Logitech、Google TVデバイスを一時出荷停止」の報道

[Clint Boulton,eWEEK]
eWEEK

 Logitech Internationalが、Gigabyte Technologyに12〜1月までGoogle TV搭載デバイス「Revue」の出荷を停止するよう指示したと、台湾のDigitimesが伝えている。

 同紙は、Logitechがこのような指示を出したのは、GoogleがGoogle TVソフトのアップグレードを完了できるようにするためとしている。Androidを基盤とする同ソフトは、多数のレビュアーから未完成という感想を持たれている。Logitechは真偽について質問したCNETに対し、報道を認めることを拒んだ。

 もし本当なら、Googleがハードウェアパートナーに対して、同社がGoogle TVを改良できるように、対応機器の出荷を延期するよう求めたという第2の証拠となる。

 Googleは東芝、LG Electronics、シャープなどのテレビメーカーに対し、ソフトウェア強化のため、2011年の1月のConsumer Electronics Show(CES)でのGoogle TV搭載機の発表を延期するよう求めたと伝えられている。

 Wall Street Journalのウォルト・モスバーグ氏は、2010年のベスト・ワースト製品を発表する動画で、Google TVを「オタク」のためのお粗末な製品と呼んでいた。

 Google TVは、テレビにChromeブラウザを搭載し、すべてのテレビ放送とWebコンテンツを検索可能にすることでWebサーフィンとチャンネルサーフィンを融合させるというGoogleの野心的な取り組みだ。

 このほかにも、この10年でMicrosoftやIntelなど十数社が、Web閲覧とアプリをテレビに搭載する取り組みを手掛けてきた。そのすべてが失敗している。

 Googleが10月に、Revueやソニーのインターネットテレビ、Blu-rayを通じてGoogle TVを立ち上げた直後、多くのレビュアーが同ソフトは未完成だと感じたことが明らかになった。

 特に厳しく批判されたのはハードウェアのコストだ。多くの人が高すぎると感じた。LogitechのRevueは300ドルで、ソニーのGoogle TV搭載インターネットテレビは600ドルから1400ドル。Blu-rayプレーヤーは400ドルだ。

 Googleはまた、Google TVがCBS、ABC、NBC、FoxなどのWebサイトから遮断されたことにも気付いた。これらテレビネットワークは、自社のコンテンツをGoogleに無料で提供させることを嫌がっている。

 例えば、Google TVのNetflixアプリは映画配信機能が不十分で、待ちリストに新規タイトルを追加するなど、タイトル削除以外のコンテンツ管理機能を欠き、早送り・巻き戻し機能がなかった。

 eWEEKがここ1週間テストしたところでは、Googleがこのアプリを大幅に改善したことが分かった。

原文へのリンク

Editorial items that were originally published in the U.S. Edition of “eWEEK” are the copyrighted property of Ziff Davis Enterprise Inc. Copyright (c) 2011. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -